俳句「梔子句会」~妙音広場~

この掲示板は俳句専用の掲示板です。「梔子句会」のメンバーはもとより、俳句に興味のある方の参加をお待ちしています。



カテゴリ:[ 短歌/川柳/俳句 ]


82件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。


[85] Re: 月見る月…

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 8月18日(金)23時03分49秒   通報   返信・引用   編集済

 あまずみさん、皆さんこんばんは・・・・。 \(^o^)/拍手スイカ

 月の句、ありがとうございます。 どの句もドラマチックな句仕立てですね。
中でも、雨の月~、処暑の月~、名月に~、赤き月~は特に好きです。

 折角なので、私ももう少し詠ってみます。

 ★大ジョッキの底より眺む十三夜
 ★満月を斜に積みゆく一輪車      斜(はす)に
 ★さう言ふて二十三夜の空をみる
 ★三日月によぢ上らんか縄梯子
 ★赤心の扉を放ちみる月光
 ★入相の背に高き二日月        背(そびら)に


 皆さんも詠ったら投稿よろしくです。
                          (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301




[84] 月見る月…

投稿者: あまずみ 投稿日:2017年 8月18日(金)11時33分15秒   通報   返信・引用

いいですねぇ…?   ぼくは  春は桜  秋は月、冬は雪
の季語を沢山作っているような気がします。

月ひとつ酒一壺ある寓居かな……
雨の月カーテンコールの中にゐて……
月今宵ドンジョバンニなら如何に……
絶海に陽はまた昇るのか処暑の月……
頭上寒月ぽつねんとして送るか……
名月にきみ濡れたまへ酔ひ給へ……
曲がり角まんまる月とちちははと……
月今宵だまって立っているべきだ……
浮橋を渡る月下の僧わたる……
赤き月ゆらす故国の水面かな……  ETC



[83] 月の句を詠おう(2)

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 8月15日(火)21時15分31秒   通報   返信・引用   編集済

 皆さんこんばんは、浩(はる)さん「月~」の句ありが とうござい
ます。皆さんも詠ったら投稿よろしくです。

 ★あさにけに衛門三郎追ふ月光      望生
 ★後の月人抱くやうにセロを弾く     々
 ★eメール月の兎へさしすせそ      々
 ★風見鶏二十六夜を知らずして      々
 ★杖の人戻れば揃ふ十三夜        々

 ★ドクター・ヘリ昼の月へと急旋回    々
 ★今生の蔓月光の端掴む         々
 ★銃眼の向かうに誰か二日月       々
 ★真実の口開かずして二日月       々
 ★夕月夜あした働く鎌を研ぐ       々

 ★漸うに暮れて逢瀬の月涼し       々
 ★落武者の掬つてみたき堀の月      々
 ★寝待月嫌ひの文字が化けたがる     々

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[82] 拙句提出

投稿者: 浩 ハル 投稿日:2017年 8月14日(月)23時58分36秒   通報   返信・引用

こんばんは。
月の季題で提出します。

暮れどきの鐘の響きや掠れ月         浩


平和の俳句は 季語もいらないとは、興味深いです。
句作の課題として 挑戦してみます。



[81] 月の句を詠おう!

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 8月14日(月)22時20分23秒   通報   返信・引用   編集済

 皆さんこんばんは

 一時の暑さも和らぎめっきり秋らしくなってきました。皆さん
「月」の句を詠ってみませんか?「月~」には沢山の傍題季語が
あります。

 月は、古来より詩歌に詠われ日本の自然美を代表するものの一
つです。中でも秋の月は大気が澄みとても綺麗です。俳句では、
単に「月~」と詠めば秋の季語です。

 月の傍題季語は沢山あります。「月白~」は、月が出ようとし
て東の空がほの明るくなることです。傍題季語をご紹介します。

 初月・二日月・三日月・夕月夜・待宵・名月・良夜・満月・雨
月・望月・無 月・十六夜・居待月・臥待月・更待月
などなどです。

 「十三夜」や「二十三夜」もありますが別の秋の季語として扱
われ ています。 この季語で詠っても面白いですね。

 先日、私のブログに月の句をアップしたとき、あまずみさんが
良い句をコメント欄にアップして下さいました。皆さんも詠って
みませんか?

 ★ペダル漕ぐ力かそけき眉の月    望生
    ↓
 ☆岨の月いまだ戦艦浮上せず     あまずみ
 ☆少し虧けた月と無数の大地にゐて  あまずみ

  眉の月  
岨(そわ)の月  虧(か)けた月

 このように、月と組み合わせるとまた違った趣の月の句が詠え
ます。
皆さん工夫を凝らし先詠みしてみませんか?
                         (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[80] 投稿してみよう!

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 8月14日(月)11時12分44秒   通報   返信・引用

 皆さんおはようございます。

 盆の支度はおわりましたか?私は墓参りも済ませ玄関周りの
掃除も終ました。朝早くから汗だくになって家庭菜園の手入れ
も終ました。

 ところで、「平和の俳句」を詠ってみませんか?どんな時に
平和を感じるか、感じたことを一句にするのです。

 「平和の俳句」には、決まりはありません。1行の「詩」に
なっていれば、少しくらい575を逸脱してもかまいません。
季語がなくても大丈夫です。ひと仕事終えて体を伸ばす瞬間、
湯気を上げるご飯を前にしたとき、あなたが笑ったとき。その
ときの優しい気持ちだって「平和の俳句」になります。

 戦後70年が80年、100年、永遠へと続くよう、ささやかな
願いを込めて詠ってみてはどうでしょう


 詠ったら、「平和の俳句」に投稿してみませんか?何かテー
マを持って詠えば詠えるものです。「平和の俳句」をご紹介し
ます。

 平和の俳句⇒http://www.tokyo-np.co.jp/heiwanohaiku/

 月末に〆切り、翌月の10日ごろに結果が判明し、入選すれ
ば電話連絡が入ります。そして、翌月の新聞に掲載されます。
今月だと、8月末までの投句分が対象となり、9月に選句され
ます。そして、10月の新聞に採り上げられます。毎日一句づ
つ紹介されます。

 ★八月の朝も分け合ふおかいさん  望生

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[79] こんな句が・・・。

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 8月12日(土)22時23分31秒   通報   返信・引用

 皆さんお変わりありませんか?今日は星座の俳句会に参加して来ました。
嬉しいことに、梔子句会の浩(はる)さんが、本日の最高得点をゲットされ
ました。ご紹介します。 GOOD!スイカヒマワリ晴れ

 ☆蛇口全開バケツに夏が乱反射   6点(特1)  浩(はる)
      ↓
 星座の代表及び副代表も選された句です。私も特選にいただきました。こ
の句は、七・七・五調の句ですが、調べもよくちっとも気にならない句です。
それに若々しさが漲っています。季語の「夏~」は動きそうで動かないとて
も上手い季語の斡旋です。特に、下五の「乱反射~」は詠えそうで詠えない
措辞の選択
です。もう一点、上五の「蛇口全開~」の切り出しは読者を引き
付けます。
上五に拘り、※全開の~みたいに収まっては凡句です。そこが上
手いと思います。思わず特選にしました。

 そして、今日の句会に、ここでお願いしていた「幽霊~」の季語を使った
がありました。ご紹介します。

 ■幽霊が出たぞ出たぞと後家殺し   5点 あまずみ
 ■酔い痴れてゆらり仏の夏百夜    1点 あまずみ

    ↓
 両句ともとても良い句です。流石にあまずみさんです。私は「後家殺し~」
の句を頂きました。ここで皆さんに投句を呼び掛けた季語でしたが、こうし
て句会に出句頂きとても嬉しかったです。「幽霊~」は夏の季語ですからも
う遅いですが、詠われた句があれば発表して欲しいです。

 梔子句会は、八月はお休みです。詠われた俳句を温存しても仕方ありませ
ん。それより、どんどん発表されそしてまたどんどん詠ってこそ上手くもな
ります。皆さんの投句をお待ちしています。 拍手ブーイング
                              (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[78] 残暑お見舞い申し上げます。

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 8月 5日(土)08時11分52秒   通報   返信・引用   編集済

 皆さんおはようございます。

 泥亀さん!永井江美子さんが選された下の句はいいですね。私も選を
しましたがとても良い句だと思います。

 蝸牛水平線へ角を振る   泥亀
    ↓
 よく観察された写生句とも・・・。また比喩の句としても楽しむこと
ができる俳句だと思います。一本の木など小さな範囲を住処とする蝸牛
と、大海原を取り合せた句、「角を振る~」がとても良いです。確か梔
子句会でも特選にいただいた句だったと思います。現代俳句協会主催の
インターネット俳句会は、投句数が多く五句選ですからなかなか得点で
きませんが・・・。おめでとうございます。

 現代俳句協会IE句会講評
⇒http://www.gendaihaiku.gr.jp/haikukai/result.php?d=196_kouhyo_g1

 ところで、梔子句会の皆さん!夏井いつきさんが選者の下のIE句会
をご存じですか?
この句会はとても人気があります。参加者もかなり多
いと思います。この句会には現在、浩(はる)さんと私が参加していま
す。良かったら一度挑戦されませんか?ご案内いたします。

 俳句ポスト365⇒http://haikutown.jp/post/

                            (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[77] Re: 変な話で御免なさい

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 8月 4日(金)23時13分35秒   通報   返信・引用

 泥亀さん、皆さんこんばんは

 「茄子の馬」は私なんです。季語として使っていません。 だから
「生身魂」が季語です。
   ↓
 それは失礼いたしました。「生身魂~」は生存している父母(お
年寄り)のイメージが強くて・・・。贈り物をする儀式の事でした
ね。よく分かりました。

  幽霊か亡霊かイプセンの夏
    ↓
 「イプセンの夏~」ですか・・・。そういえば、イプセンの作品
に「幽霊」がありましたね。

 尼寺や軋む廊下の百物語
    ↓
 「軋む廊下の百物語~」ですか・・・。尼寺との取合せ怖いです。

 泥亀さんいつもありがとうございます。
                          (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[76] Re: 提出俳句

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 8月 4日(金)22時52分44秒   通報   返信・引用   編集済

 ハルさん、皆さんこんばんは

 今回は挽回されましたね。5句ともよくできています。

【新季題追加にて】

◎銀河鉄道無二の友逝く流れ星

〇農園の撒き水消える残暑かな

〇舟盛りの正面勧め生身魂

△仲間外れされて泣かない赤のまま
   ↓
 「されて~」はいらないですね。あまずみさんの添削を参考にして
推敲して下さい。
   ↓
※仲間外れ泣くな泣かない赤のまま

△抱えては思案六法西瓜玉
   ↓
 あまずみさんの仰るとおりです。「思案六法~」と「西瓜玉~
の間に「の~」を入れるとよくなります。
   ↓
※抱えては思案六法西瓜玉

 どんどん詠ってくださいね。お待ちしています。      (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[75] ハルさんの俳句鑑賞-(2)

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 8月 4日(金)22時34分43秒   通報   返信・引用   編集済

 ハルさん、皆さんこんばんは
 コメントが遅くなり申し訳ありません。それでは先日に続いて
望生流に鑑賞やら添削などをさせて頂きます。

【新季題分】


〇秋の波高き空だけそばにおり
  ↓
 俳句はできています。下五の「そばにおり~」は、答えを言って
しまったようでちょっと気にかかります。句意が変わるかもしれま
せんが、接続助詞を使って詠ってみる手もありそうです。
 参考に・・・。推敲してみて下さい。

  ↓
※とは言えど高き空だけ秋の波 

〇天の川破れた地図を照らせしか
  ↓
 難しい文法を使った俳句ですね。この句を見て下の句が過りました。
  ↓

 月幾世照らせし鴟尾に今日の月   水原秋櫻子

 俳句はちゃんとできています。今流に下五を変えるとしたら・・・。
  ↓
天の川破れた地図を照らしおる

△踊櫓踏み板踏んで出来を見る
  ↓
踊櫓~」とは、これまた難しい季語を選択しましたね。この
句は、「踏み板を踏んで」⇒「
出来を見る」が順当過ぎて面白
くありません。ちょっと屈折の欲しいところです。
参考に・・・。
推敲してみて下さい。

  ↓
※踊やぐら踏み板確と見るかしら   (頭)かしら=親方

△読みかけの栞をさがす秋涼し
  ↓
 句はできていますが「読みかけ~」「探す~」と、動詞形の
多い句ですから、名詞形の季語でぴしゃりと押さえたいところ
です。季題とは違ってしまいますが・・・。参考に・・・。

敲してみて下さい。

  ↓
読みかけの栞をさがす秋の夜

△網かわし逃げ飛ぶ声もかなかなと
  ↓
 よく分かる句ですが、「
網かわし~」が説明です。この五音
を使って詠い直して欲しいです。句意は変わりますが参考に・・・。
推敲してみて下さい。
  ↓
※かなかなやかなかなかなと躱す網

△咲き乱る星条旗なる朝顔か
  ↓
 「咲き乱る~」はいらないですね。俳人は咲き乱れている綺
麗な朝顔をイメージして俳句を味わいますから・・・。ちょっ
と嫌味もありますが下のように詠う手もありそうです。参考に・・・。
推敲してみて下さい。
  ↓
※あさがおや星条旗とも国旗とも

 今回は辛口でごめんなさい。私の例句は、あくまで例句です。
気になさらず推敲の参考として頂きたいです。
                        (望生)

【追伸:この掲示板の入力補助機能はオンボロです。文字や色
が自由に変えられません。見苦しいですがご勘弁を・・・。】

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[74] 変な話で御免なさい

投稿者: 泥亀 投稿日:2017年 8月 3日(木)07時53分22秒   通報   返信・引用

梔子句会の皆さん、こんにちは。

あまずみさん、望生さんコメント有難う御座いました。
一度、作品を提出すれば皆さん共有の作品です。
いかようにコメントされても勉強になります。

「や」を「の」に変更も一句一章ですっきりします。
私は魂を独り歩きをさせない方法を取りました。
「茄子の馬」は私なんです。季語として使っていません。
だから「生身魂」が季語です。

幽霊か亡霊かイプセンの夏
尼寺や軋む廊下の百物語

今後とも宜しくお願いします。
           泥亀 拝



[73] 独り言

投稿者: あまずみ 投稿日:2017年 8月 3日(木)00時01分31秒   通報   返信・引用   編集済

仲間外れされて泣かない赤のまま……
少し散文的ですね~ メリハリ や調べを入れると
俳句らしくなります…?    されて…は不要
仲間外れ泣くな泣かない赤まんま…
抱えては思案六法西瓜玉…   思案六法~は 花札や
おいちょかぶ…から来ている言葉で~~
しあんろっぽ…などと呼ばれてる  微妙な数です
抱えては思案六法の西瓜玉… の、を入れてリズム感を
入れるといいでしょう…。

たましひや階段のぼる夕蜩……人生の哀愁を感じさせ
てくれる俳句ですね~~や切りになっていますが…
たましひの昇る階段 夕ひぐらし…みたいな手も。



[72] Re: 提出俳句

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 8月 2日(水)21時51分40秒   通報   返信・引用

 泥亀さん、皆さんこんばんは

 泥亀さん!ご投稿ありがとうございます。勉強になる俳句ありがとう
ございます。忌憚のない意見と言われても・・・。

 さすがに泥亀さんです。俳句は比喩が大切ですね。叙景句とか、写生
句も良いですが、平凡な句(月並みな句)になり易いですから・・・。

 新涼や水底に棲む鈴の音
   ↓
 新涼~と、水底に棲む鈴の音~との取合せの句ですね。鈴の音が、ま
るで水底にでもいるかのようだと・・・。比喩の効いた佳句です。

 茄子の馬しゃきっと立たせ生身魂
   ↓
 生身魂(ご自身に)が、茄子の馬に喝をいれられたのでしょうか?し
ゃきっとたたせ~は良い表現です。生身魂は無季扱いするのですね。

 たましひや階段のぼる夕蜩
   ↓
 蜩は階段なんか昇りませんから擬人化(ご自身)の句ですね。下六は
気になりませんが、夕蜩~の夕~は省略して別の蝉でも良さそうにも・・・。

 外孫も内孫もゐて地蔵盆
   ↓
 地蔵盆~のお子様の様子が目に見えるようです。佳いですね。

 真っ先に寂しさを知る赤のまま
   ↓
 赤のまま~と言う季語は私も好きな季語の一つです。寒卵~、心太~
などと同じく便利な季語の一つです。この句も比喩ですね。

 泥亀さん、投稿ありがとうございました。良かったら皆さんの俳句に
もコメント頂ければとても嬉しいです。

 そうそう、先日お願いした「幽霊~」「百物語~」はどなたも挑戦さ
れません。結構詠い辛い季語ですから・・・。仕方ないですね。

 折角なので、私も一句を・・・・。

 ★幽霊の絵本古びてなお怖し     望生
 ★而して百物語の面を剥ぐ      々

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[71] 提出俳句

投稿者: 浩 ハル 投稿日:2017年 8月 2日(水)21時25分43秒   通報   返信・引用

新季題 追加にて

銀河鉄道無二の友逝く流れ星

農園の撒き水消える残暑かな

舟盛りの正面勧め生身魂

仲間外れされて泣かない赤のまま

抱えては思案六法西瓜玉                 浩



[70] Re: 提出俳句

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 8月 2日(水)21時09分14秒   通報   返信・引用

 はるさん、皆さんこんばんは

 ハルさん、コメントが遅くなりました。ごめんなさい。今回投稿
された作品は、推敲の余地のある句が多いように感じました。それ
では、感じたままを望生流に鑑賞やら添削をさせて頂きます。

妹二人うえが小さき浴衣着て ⇒妹二人うえが~は散文的で説明
   ↓
 よくわかる句ですが、もう一捻り欲しいところです。それは、
二人うえが~が散文的
だからです。ちょっと工夫すればことばが省
略出来そうです。その省略した文字数を使って別な措辞を使うと句
意が広がるように思うのです。上手く添削できませんが下の様に詠
ってみる手もありそうです。うえの妹~が言いたいのでしょうが、
要らないと思います。ご自身で推敲をされてはどうでしょう?
   ↓
※妹の一人は小さき浴衣着て     小(ち)さき

叱られて涙のすじに天瓜粉
   ↓
 よく分かる句ですが、この句も一ひねり欲しいところです。それ
は、叱られて~が説明だからです。使っても良いですが、その場合
は下の句に工夫が必要です。もう一度詠い直して欲しいです。例句
を示します。再挑戦してください。
   ↓
※この小さき涙のすじに天瓜粉
※ぐずる子の涙に光る天瓜粉


〇利き腕は左のかまえ青蟷螂
   ↓
 この句はできていますが、そうですか?で終わってしまいそうで
す。もう一捻りいりますね。上五と下五を入れ替えるとどうだろう?
上手く添削できませんが・・・。ちょっと飛ばしてみてはどうです
か?
   ↓
※青蟷螂何の科もてサウスポー     科(とが)

【新季題分】
 沢山詠われましたね。一句づつ鑑賞したいところですが十分な時
間がありません。明日以降続きを書くことにします。句の先頭に感
じたままに冠を付けておきます。
 ◎とても佳い。
 〇俳句はできている。
 △推敲の余地がある。


 また、気にかかるところ、上手い表現などはアンダーラインをし
ておきます。後日詳しくコメントしたいと思います。

 〇秋の波高き空だけそばにおり
 〇天の川破れた地図を照らせしか
 △踊櫓踏み板踏んで出来を見る

 △読みかけの栞をさがす秋涼し動詞系より名詞系の季語を・・・。
 △網かわし逃げ飛ぶ声もかなかなと
 △咲き乱る星条旗なる朝顔か

 あまずみさん、泥亀さん、良かったら感じたことなどコメントよ
ろしくです。
                            (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[68] 提出俳句

投稿者: 泥亀 投稿日:2017年 8月 2日(水)19時26分38秒   通報   返信・引用

新涼や水底に棲む鈴の音
茄子の馬しゃきっと立たせ生身魂
たましひや階段のぼる夕蜩
外孫も内孫もゐて地蔵盆
真っ先に寂しさを知る赤のまま

望生さん、皆さん忌憚のないご意見を宜しくお願いします。
                      泥亀 拝。 



[67] 提出俳句

投稿者: 浩 ハル 投稿日:2017年 8月 1日(火)20時40分7秒   通報   返信・引用

前回の再提出から

妹二人うえが小さき浴衣着て
叱られて涙のすじに天瓜粉
利き腕は左のかまえ青蟷螂

新季題分

秋の波高き空だけそばにおり
天の川破れた地図を照らせしか
踊櫓踏み板踏んで出来を見る
読みかけの栞をさがす秋涼し
網かわし逃げ飛ぶ声もかなかなと
咲き乱る星条旗なる朝顔か                    浩



[66] 挑戦しよう!

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 7月31日(月)11時02分3秒   通報   返信・引用

 皆さんおはようございます。 ♪虹スイカスイカゴルフ

 七月も今日で終わりです。俳句の世界では明日から秋です。

 皆さん初秋の季語に挑戦してみませんか?勿論傍題季語もOKですよ。

 【時候】 新涼 残暑
 【天文】 流星 天の川
 【地理】 秋の波
 【行事】 生身魂 踊 地蔵盆
 【動物】 蜩 法師蝉
 【植物】 西瓜 朝顔 赤のまま



 全部詠われなくても、この中からお好きな季語を選択して、一句でも
良いですから 出来次第投稿して欲しいです。
                            (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[65] Re: 季題に挑戦

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 7月31日(月)10時12分56秒   通報   返信・引用   編集済

 くらさん、皆さんおはようございます。

 鑑賞どころか今朝まで作句に追われ大変失礼しました。今日〆切の投稿も終りほ
っとしています。

 あまずみみさんがコメントされたように、どの句も飛躍があり独自性豊かな句
です。
どの句もよくできています。

〇・蟷螂の咀嚼音消え雄消え
      ↓
 いいですね。かまきりの雄は惨めですね。この句は、あまずみさんの仰るとおり
余韻のある句づくりにするともっと良くなります。リフレインも効いて良いですよ。
      ↓
 ※蟷螂の咀嚼音消え雄消え

〇・虫籠に詰まる初恋明日は晴れ
      ↓
 初恋~まで飛びましたか・・・。このように思いもよらない事柄との取合せをす
ると句意が広がり詩的な句になります。飛躍が大切ですね。詰まる~でも良いです
が、あまずみさんが添削されたようにすると、もっと良くなります。
      ↓
 ※虫籠に生まる初恋明日は晴れ

〇・裃をまとう心地の浴衣かな
      ↓
 浴衣を着ると裃を纏う心地になりましたか・・・。浴衣かな~で十
分ですが、まとう心地や藍浴衣~としても一句ですね。

〇・湯上りは右へ倣えと天花粉
      ↓
 昔を思い起こさせてくれます。右へ倣え~がいいですね。

〇・かなかなよ丑三つ時はお静かに
     ↓
 最近は、夜間照明があったりして蝉も明け方と間違うようで時たま
夜中に鳴いたりしていますね。みんみん蝉ならまだ許せても、クマゼ
ミが鳴くとそれこそ煩いでしょうね。かなかなと詠嘆し、お静か
に~
と、余韻を残して上五に循環させる句仕立てはいいですよ。

〇・故郷は脳天に有りて盆の月
    ↓
 ふる里~盆の月~との取合せも良いですね。脳天に有りて~は八
音ですね。字余りは気にならないところですが、あまずみさんの添削
されたようにすると字余りも解消されて調べも良くなります。
   ↓
 ※故郷は頭上に有りて盆の月

 お粗末さまでした。
   ↓
 いえいえ、この調子で詠ってみて下さい。そうそう、幽霊~、百物
語~
と言う季語にも挑戦していただきたいです。
                           (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[64] くらさんの俳句

投稿者: あまずみ 投稿日:2017年 7月29日(土)20時55分1秒   通報   返信・引用

いやぁ…くらさんの俳句六句ともいいですねぇ。
とっても面白いです…腕を上げましたね~
蟷螂の咀嚼音…の句  サスペンスドラマのようです
咀嚼音消え雄消えて…と余韻を残した方が尚いいです
虫籠に詰まる初恋…は、虫籠に生まる初恋…と
右へ倣え…や、丑三つ時はお静かに…など
何れも面白いですねぇ…??
故郷は脳天に有り…も、滑稽です  普通は
故郷は頭上にありて盆の月…ですが、、、?
そこは、くらさん独特の雰囲気なのでしょうね~



[63] Re: 季題に挑戦

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 7月29日(土)19時36分34秒   通報   返信・引用

 くらさん、皆さんこんばんは晴れスイカカエル

 くらさんお仕事お疲れさまでした。
 早速の投句ありがとうございます。
 すぐにコメントしたいところですが、明日〆切の投稿が目白押しで、鑑賞モード
になれません。落ち着いたらコメントさせていただきます。ごめんなさい。
                                 (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[62] 季題に挑戦

投稿者: くらさん 投稿日:2017年 7月29日(土)15時23分49秒   通報   返信・引用

今日は、会社の電気工事の立会で朝から出社していました。工事の責任者から「PCの電源を落として下さいね。」と言われました。
 さて、何をするか~?現在の事務作業は、ほとんどパソコンでしており、データもPC内に有るので見ることも出来ません。
 これは、俳句に挑戦せよという事だと~
朝から「歳時記」と「電子辞書」をお供に、望生さんから与えられた季題に挑戦しました。
 あまずみさん、遅まきながら梔子句会の添削有難う御座いました。「俳句は、言葉探しの旅」、「リズムが良くないと」このことを忘れずに挑戦しました。
「あまずみさん」や「望生さん」みたいに引出が一杯有れば良いですが、まだまだ少ししか有りません。
 苦労して作りました。

・蟷螂の咀嚼音消え雄消えし
・虫籠に詰まる初恋明日は晴れ
・裃をまとう心地の浴衣かな
・湯上りは右へ倣えと天花粉
・かなかなよ丑三つ時はお静かに
・故郷は脳天に有りて盆の月

お粗末さまでした。



[61] 千代女の里掲示板に投稿してみよう!

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 7月28日(金)20時39分19秒   通報   返信・引用   編集済

 皆さんこんばんは 月カキ氷スイカ虹

 毎日暑いですね。暑い夏も七月でもう終わりです。八月からは秋です。
晩夏(七月)の季語を使った俳句を「千代女の里俳句掲示板」に投稿して
みませんか?8月以降もずーと受付されています。私は、時々掲示板を見
て楽しんでいます。「千代女の里俳句掲示板」をご紹介します。

 千代女の里俳句掲示板⇒http://haikukan.city.hakusan.ishikawa.jp/tsukuru/ctk021.aspx

 この掲示板には、私も時々投稿しています。余り知られていませんが短
冊にしてアップされます。そして、選に選ばれた句は冊子にされ送られて
きます。冊子が来なければ選に漏れたときです。

【千代女の代表句】

 朝顔につるべ取られてもらい水
 川ばかり闇はながれて蛍かな
 蝶々や何を夢見て羽づかひ
 髪を結う手の隙あけて炬燵かな
 月も見て我はこの世をかしく哉(辞世の句)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[60] Re: 季語季題

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 7月27日(木)23時05分42秒   通報   返信・引用

 利一さん、皆さんこんばんは

 早速詠って頂きありがとうございます。俳句としてはできていますが、少しもの足りなさ
を感じます。それは・・・。
 ①季語と事柄が近すぎる飛躍が欲しい。衝撃が欲しい。
 ②発想が陳腐(誰でも思いつく発想である)である。独自性のある句を詠って欲しい。
などです。それでは、思いつくまま鑑賞やら添削をしてみます。

頬ずりて手足伸ばせよ天花粉 ⇒「手足伸ばせよ天花粉」はとても良いです。
   ↓
 ちょっと欲張ったように思います。上手く添削できませんが二句に分けるとどうだろう?
   ↓
※天瓜粉まみれの手足頬ずりて
※初孫のよろこぶ手足天瓜粉


〇 蜩の漣寄せる峠道⇒中七はいろいろ考えられるが・・・。

△虫籠に父と子の夢あふれけり
   ↓
 「けり~」と言う切れ字は、過去形の意味を持つ切れ字です。この句の場合は、「あふれ
おり~」
とした方が良いと思います。もう一点、「あふれおり」より「閉じ込めて~」のよ
うに余韻を持たせても良いかもです。
   ↓
※虫籠に父と子の夢あふれおり
※虫籠に父と子の夢閉じ込めて


〇振り返る浴衣美人の母と娘に⇒上五に工夫の欲しいところであるが・・・。

△乾杯とつき出すに盆の月
   ↓
 月の句だから「空~」はいらないです。「先~」とすればどうだろう?
   ↓
※乾杯とつき出す先に盆の月⇒独自性の欲しいところであるが・・・。

△かまきりに似たるそのひと強い人
   ↓
 「そのひと~」より「このひと~」とした方が臨場感があると思うけど・・。
   ↓
※かまきりに似たるこのひと強い人

(追伸)
1.どんどん詠っていくうちに俳句のコツが掴めると思います。季語と遠く離れた事柄と
の「取合せの句」に挑戦
してみるといいかもです。
2.要らない言葉をそぎ落とし、読者に想像の余地を残すようにすると良いと思います。
3.俳句は五・七・五調子の一行詩です。特殊な場合を除き文字間隔は開けずに書くよう
にして欲しいです。⇒読者は切れを自由に選択します。一旦手から離れた俳句は、例え詠
った句意とは違っても読者は自由に楽しむものです。それでいいのです。

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[59] Re: 季語季題

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 7月26日(水)21時37分46秒   通報   返信・引用

 利一さん、皆さんこんばんは スイカチョキグー晴れ

 利一さん!頑張って詠われましたね。早速コメントしたいのですが
今夜はコメントする十分な時間が取れません。今度時間のある時にコ
メントさせて頂きます。ごめんなさい。

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[58] 季語季題

投稿者: 利一 投稿日:2017年 7月26日(水)16時05分56秒   通報   返信・引用

頬ずりて 手足伸ばせよ 天花粉
蜩の 漣寄せる 峠道
虫籠に 父と子の夢 あふれけり
振り返る 浴衣美人の 母と娘に
乾杯と つき出す空に 盆の月
かまきりに 似たるそのひと 強い人



[57] Re: 面白く色っぽく

投稿者: 椋本望生 投稿日:2017年 7月25日(火)22時01分46秒   通報   返信・引用

 あまずみさん、皆さんこんばんは

 喬さんの俳句…時々 艶っぽく 演歌っぽい 面白い 句が 楽しいですね~~
   ↓
 ほんとそうですね。私もそう思います。

 うす布の線艶やかな浴衣目に
   ↓
 この句の上五を何とかしないと・・・とは思っていましたが良い措辞が
思い当たりませんでした。うす布の~⇒えりあしの~にして判り易くなり
ましたね。藍浴衣~ですか・・・。いいですね。
   ↓
 えりあしの線艶やかに藍浴衣

 カマキリ夫人 雄を殺めて成仏す
   ↓
 飛躍させましたね。なるほどです。私は、殺して~を、殺めて~
ても良いかとも思いました。
   ↓
 カマキリは夫を殺めて成仏す

 空っぽの虫籠に夢膨らませ 
   ↓
 空っぽの虫籠子らの夢いづこ
   ↓
 子らの夢いづこ~とすればよくなりますね。なるほどです。

 メリハリを入れるためには、もう少し切れを 上手く利用することが、
俳句のポイントです 。
   ↓
 切れ、切れ字は大切ですね。気を付けたいところです。

 あまずみさん、ありがとうございました。

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[56] 面白く色っぽく

投稿者: あまずみ 投稿日:2017年 7月25日(火)21時18分38秒   通報   返信・引用

喬さんの俳句…時々 艶っぽく 演歌っぽい 面白い
句が 楽しいですね~~
うす布の線艶やかな浴衣目に……望生さんの言う
通り解り難いですねぇ…?
えりあしの線艶やかに藍浴衣…みたいな手も、、
カマキリは夫を殺して成仏す……確かに蟷螂の雌
は、交尾の後 雄を食べてしまいますね。
少し言い回しを脚色してみると…
カマキリ夫人 雄を殺めて成仏す~~
空っぽの虫籠に夢膨らませ……夢の主を入れて
空っぽの虫籠子らの夢いづこ~~
メリハリを入れるためには、もう少し切れを
上手く利用することが、俳句のポイントです
これは、どなたにも当てはまることですので
切れや切字を上手く使って下さいね~~?



[55] ありがとうございます!

投稿者: 浩 ハルです 投稿日:2017年 7月24日(月)22時24分6秒   通報   返信・引用

こんばんは。

あまずみさん   望生先生さん   自分の投稿俳句にアドバイス並びに添削の例句まで
あげていただきありがとうございます。

次の作句に 活かしていきます。


レンタル掲示板
82件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.