nobeokaはげらし会



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


675件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[687] 桜の植樹など完了

投稿者: 松田庄司 投稿日:2018年 1月18日(木)17時24分47秒 FL1-210-147-81-163.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(1月18日)は、9時前に香代ちゃんを連れて堤防に行きました。
9時頃に、業者が河津桜の苗木を搬入すると聞いていました。間もなくすると、2本の苗木を積んで、やって来ました。
所定の場所に荷下ろししてもらって、甲斐庭樹園さんに電話すると従業員2名が向かっていますと言うことでした。

ヤマモモの木の下に行くとペール缶5個に石が入れてあり、更に、1輪車1台に石が積んであります。

昨日の午后に池田さんが作業をした跡だと思いました。
香代ちゃんは、上流の中央部分の菜の花畑の移植作業をしました。

池田さんがやってきたので、確認すると昨日の午後に、作業をしたと言うことでした。
2人で、その石を河川敷に捨てました。

続いて、神本さん、山下さんがやって来ました。
甲斐庭樹園の従業員もやって来て、桜を植え始めました。

石を取の除いたヤマモモの木の周りにトイレの前の撤去した菜の花畑の土を搬入することにしました。
間もなくやって来た甲斐さんにユンボで、キャリーに土を積み込んでほしいとお願いすると、ダンプで運びましょうと言ってくれました。
早速、2トンダンプに2台分の土を積み込み、木の傍に降ろしました。
その土を山下さん、池田さん、神本さん、3人で、スコップで木の根の周りに盛り土しました。

今日も春の陽気で、皆さん、汗だくだったと思います。お疲れさんでした。

桜も植え終りました。トイレの前も菜の花畑も鋤とって、綺麗に、平らにユンボで均してもらいました。

何時でも、身障者用の大型のトイレを設置することが出来ます。

ただ、問題があります。トイレの前は、雨が降れば、ぐちゃぐちゃになって、歩行、困難となるでしょう。それに、トイレが汚れます。

その点については、都市計画課に実施するように連絡をしましました。

昨日から、国交省の河川敷の花エリアの整備が始まっています。
大量の砕石を入れて、ローラーで、転圧するはずです。

もし、市が駄目なら、国交省に頼もうと思っています。

そして、ヤマモモの木の下に盛り土したので、花を植えるヤードが出来ました。
20日に、北方学園の子供達が花を植えるので、追加で、植えてもらおうと思い、ホームワイドに急遽、パンジーを100ポット、追加注文しました。

ところで、最近、カメラの調子が悪いのです。
レンズがスムーズに動ないのです。
今日も10枚ほど撮ったはずなのに、肝心のコノハナ軍団の写真が撮れていませんでした。
そろそろ、寿命でしょうかね?





[686] 菜の花へ化成肥料を撒きました

投稿者: 松田庄司 投稿日:2018年 1月17日(水)18時00分54秒 FL1-210-147-81-163.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(1月17日)は、早朝から、雨でした。
もう少し、降ると良かったのですが、贅沢は、言えません。
菜の花には、待望の恵みの雨でした。

9時頃に堤防に出かけました。菜の花へ肥料を散布しようとして、肥料小屋を開けると化成肥料は、使い切っていて、ありませんでした。

ホームワイドに化成肥料を買いに行こうとしていると野々下さんが倉庫の中を覗いています。
野々下さんは、1月20日に行なう河津桜の記念植樹の名板を作るために、以前、神本さんに頼んでいた材料を取に来たのです。

今回の記念植樹は、野々下さん達、西高10回卒の皆さん寄贈の同窓会記念植樹、山下さんご夫妻寄贈の喜寿の記念植樹、吉岡洋子さん寄贈の娘と孫たちへの記念植樹など3本です。

それと、昨年の夏に、日照り続きで、枯れた川畑さんの寄贈された桜についても、補植します。この桜については、天下一ひむか桜の会で、費用を負担します。

この4本は、樹高4mの大きな桜です。1本当たり、35000円です。
花物語に花を添えるでしょうね。寄贈される皆さんには、感謝申し上げます。
有難うございます。

1月20日は、北方小学校の生徒たちから、何か作業がしたいとの申し出ありました。
モーツアルトのところの花壇にパンジーとハボタンを植えてもらうことにしました。
ここは、多くの人で、賑わうところです。楽しみですね。

さて、化成肥料を買って、堤防に戻ると神本さんがいました。
どうやら、野々下さんが探していた材料が気になって、来たようです。

私が菜の花に化成肥料を撒くと言うと手伝ってくれました。
ところどころ、生育の悪いところがあります。そこを重点的に、施肥をしました。

暫くは、気温が高いようです。
これで、一気に菜の花は、伸びるでしょうね。






[685] モーツアルトの花壇へ土入れなど

投稿者: 松田庄司 投稿日:2018年 1月16日(火)17時44分42秒 FL1-210-147-81-163.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(1月16日)は、9時頃に堤防に行きました。
池田さんは、倉庫のヤマモモの木の下の敷き詰めた石を拾い集めて、大きなペール缶に入れていました。台車の上には、ペール缶が5個積んでいました。
そのほかに、1輪車にも石が満載でした。

小生は、先日、桜を植え替えたときに、新たに苗木を購入して植え替える予定の育ちの悪い桜を捨てるのは、忍びないので、上流の水門の裏に移植したいと思いました。

この桜は、平成21年に植えましたが、その年に害虫の食害にあって、肝心の枝を切りました。
それが、影響したのか、ほとんど成長しなくなったのです。
ただ、毎年、花が咲くので、可哀想で、そのままにしていたのです。

池田さんとヤマモモの木の下の石をひとまず、河川敷に運搬して、捨てました。

その後は、神本さんも参加して、3人で、移植作業をしました。
育ちが悪いとは、言っても、かなり根が張っていて、3人がかりで、台車に積んで、運びました。

倉庫の横のモーツアルトの花壇では、山下さん、長嶋さんが鍬で、芝の様な雑草を掘り起こしていました。
移植作業が終ると神本さん、池田さんも手伝って、キャリーにトイレの前の菜の花畑の土を
積んで、そのモーツアルトの花壇へ土を入れました。2台分の土を入れました。
今日で、モーツアルトの花壇の整備は、完了しました。
全体的に、すっきりしましたよ。

今日は、暖かくて、汗が出ました。池田さんは、シャツ1枚で、作業をしていて、それでも、なお、暑いと言いました。

小生は、上流の中央の菜の花畑に化成肥料を散布しました。
明日は、午前中、雨の予報が出ています。適量の雨が降るといいのですが?

昼前まで、作業をしましたが、今日は、皆さん、頑張りましたね。

ところで、新しく植え替える河津桜の苗木は、まだ、届いていません。
都市計画課に電話すると早くても、木曜日になるそうです。
なんでも、雪のために、桜のあるところまで、行くことが出来ないと。
業者は、穴が掘ってあれば、自分たちが植えると言ったそうです。

しかし、甲斐庭樹園さんは、責任感からか、仕方がありません、木曜日に私が植えますと言いました。




[684] 桜の根元への盛り土など実施

投稿者: 松田庄司 投稿日:2018年 1月15日(月)21時04分34秒 FL1-210-147-81-163.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(1月15日)は、9時から、市役所で「延岡花物語」の記者発表がありました。
集合時間の8時半頃に5階の会場に行きましたが、谷平さんの顔がありません。
この様な会合では、先ず、遅刻をすることがないので、どうしたのか?と気になりました。
甲斐益男さんに尋ねると「ダウンしている」と言いました。
多分、風邪を引いているのだと思いました。

例年、谷平さんは、開催に向けて、いやが上にも、盛り上げて、気勢を上げるのですが、谷平さんのいない記者発表では、どうも、迫力がありませんね。
記者発表が終わると10時頃に堤防に行きました。

モーツアルトの花壇では、山下さんと長嶋さんがトイレの前に山積みした菜の花畑の土を台車で花壇まで運んでいました。
台車の上には、土の入ったペール缶やバケツがありました。

神本さんは、1輪車で同じくトイレの前の土を上流の桜の根の周りに運んでいました。
桜の根の周りの盛土が雨で、流れて、少なっているので、盛土をしているのです。

池田さんは、キャリーにスコップで、同じく、土を積み込んで、最上流の桜の根元に盛り土していました。

菜の花畑の土ですから、肥料がたっぷりで、桜も元気になるでしょう。

10トンダンプ1台分ほどの土が山積みされていましたが、4人で、それぞれに、運搬するのですから、昼前には、7割程度、無くなっていました。

後の残りの土は、準備が整い次第、隣接するモーツアルトの花壇に入れるそうです。

ところで、植える予定の桜の苗木(樹高3m)は、まだ、到着していません。
甲斐庭樹園の甲斐さんからも電話がありましたが、都市計画課に電話して、いつ届くのか?
分かり次第、連絡をしてほしいと言いました。
どうも、都市計画課の職員の対応は、親方日の丸で、のんびりし過ぎです。

明日には、届くとは、思いますが、都市計画課の職員の対応は、少々、遅いですね。
甲斐さんは、まだ、堤防に、ユンボを置いたままです。

堤防にユンボを置いたままでは、他の仕事ができません。
甲斐さんも大いに困っていると思います。

明日、あいまいな返事なら、職員に気合をいれないといけませんね。











[683] 腐葉土を桜に施しました

投稿者: 松田庄司 投稿日:2018年 1月14日(日)20時19分5秒 FL1-210-147-81-163.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(1月14日)は、9時頃に堤防に行きました。
先ず、キャリーのエンジンを掛けて、暖機運転をしました。

暫く、昨日の桜植え替え作業の後を見て回りましたが、水やりをして、棕櫚縄もちゃんと:結んでありました。

暫くすると池田さんがやって来ました。
2人で、トン袋の中の腐葉土をスコップで、倉庫の前、周辺の桜の根に盛り土しました。
20本ほどの桜に腐葉土を施したと思います。

トイレの前に、甲斐庭樹園さんが菜の花畑の土を鋤とって、山にした土が5?ほどあります。その土をその他の桜の根に盛り土すれば、いいだろうと思いました。

その後は、引き抜いた支柱を池田さんと二人で、片付けました。

予定の作業が終ったので、11時半頃に堤防を後にしました。

明日は、市役所で、9時から、延岡花物語の記者発表があります。
観光協会から、小生にも出席してほしいと電話がありましたが、忘れていました。

明日は、多分、桜の苗木(3m)が到着して、甲斐庭樹園さんが植えると思います。

記者発表が終わったら、堤防に行って、確認をします。









[682] 桜の活性化の作業など行いました

投稿者: 松田庄司 投稿日:2018年 1月14日(日)08時41分39秒 FL1-210-147-81-163.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

昨日(1月13日)は、上流の桜の盛土植え替え作業を行いました。
香代ちゃんを8時すぎに迎えに行きました。

今期、最大の冷え込みですし、香代ちゃんには、作業に来なくてよいと電話しました。
ところが、この日ばかりは、行きたいと言いました。
作業は、午前中で、終らないので、お昼前に、連れて帰ることは、出来ないと言うと、その時は、歩いてでも帰ると言うので、仕方なく、迎えに行ったのです。

堤防に着くと、やがて、池田さんがやって来ました。
甲斐庭樹園の従業員さんもトラックでやって来ました。
甲斐さん他、女性のオペも1名、女性作業員1名を含む総勢8名でした。

早瀬さん、佐伯さん、大平君、ビスターリ歩こう会の黒木さん、赤坂さんが次々にやって来ました。自伐型林業研修の準備をして、少し遅れて、野々下さんもやって来ました。

最低気温、-4度、キャリーもユンボも機械が凍結しているので、スムースには、動きません。しばらく、暖機運転が必要ですね。

甲斐庭樹園の作業員は、先ず、桜の支柱を引き抜いて、番線やシュロ縄を切断しました。
植え替え作業は、上流の桜から、始めました。
ユンボで、桜の根を掘り起こした後、あらかじめ準備した土をダンプで、運び、ユンボで、降ろすと植え替える場所を整地します。
そこに、桜をユンボや人力で、セットして、盛土します。
それが終ると支柱を立てて、桜を固定します。

そこからが、我々の出番です。キャリーに腐葉土の入ったトン袋を積んで、桜の根の周りにスコップで、腐葉土を盛土するのです。
スコップの作業は、力が要ります。
佐伯さんや早瀬さん、野々下さん、池田さん達が頑張りましたよ。
黒木さんも元気がいいですね。

同期の大平君は、見学していたと恐縮していましたが、見に来てくれるだけで、有難いと思いました。

赤阪さんは、大勢の人で、出番はないと思ったのか、多分、バタフライガーデンで作業をしたのでしょうね。姿が、見えませんでした。後で、モーツアルトの花壇で、作業をしていましたようです。

化成肥料をとりに、倉庫のところに行くと、モーツアルトの花壇では、川上さんと佐藤さんがモーツアルトのバラを2本、植えていました。川上さんが接ぎ木をして育てた、ザルツブルグからやって来た純粋のモーツアルトです。
間もなくやって来た長嶋さんには、モーツアルトの花壇で作業をしていただきました。
前日、山下さんと長嶋さんが、穴を掘ったのですが、グッドタイミングでした。
何時の間に、来たのか、山下さんも皆さんとモーツアルトのお世話をしていました。
川上さん、佐藤さんは、薔薇の枝の剪定をしていましたが、素人には、出来ない作業です。

11時半頃に、家内が弁当を持参してくれたので、倉庫のところに行くと香代ちゃんが、武田さんから、お茶やお菓子の差し入れがあったと知らせてくれました。

何時もの、気配り、有難うございます!

この日は、甲斐庭樹園さんも全く、休憩を取らずに、連続、作業をしましたので、我々も休憩することが出来ませんでした。
小生も熱いお茶やら、コーヒーを準備していたのですが、作業に気を取られて、皆さんに飲んでいただくのも忘れて、申しわけありませんでした。

香代ちゃんが皆さんに適当に振舞ってくれたと思いますが、桜で作業の皆さんは、その時間もなかったでしょうね。

午後は、佐伯さん、池田さん、香代ちゃんが残って作業をしました。
午後から、流石に、風が強くなりました。
一通り、我々の作業が終ったのが、3時半頃でした。

佐伯さんは、若いだけあって、体力があります。終始、スコップで腐葉土を桜の根に盛り土してくれました。池田さんもさすがに、持久力がありますね。有難うございました!

小生と香代ちゃんは、枯れ木も山の賑わいと言ったところですが、桜への愛着だけは、人一倍ですから、皆さんの御協力には、感謝あるのみです。

これで、堤防の全ての桜の活性化作業が完了しました。
参加の皆さん、寒い中、本当に有難うございました!

尚、新しい桜の苗木(樹高3m)2本は、この日は、雪のために、到着しませんでした。
多分、明日、植えることになると思います。

今日は、これから、堤防に出かけます。
腐葉土の入ったトン袋がキャリーに1袋残っています。
腐葉土が600kgほどあるので、それを倉庫周辺の川側の桜の樹の根に盛り土したいと思います。








[681] クロガネモチの木の根に盛り土など実施

投稿者: 松田庄司 投稿日:2018年 1月12日(金)16時18分30秒 FL1-210-147-81-163.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(1月12日)は、9時頃に堤防に出かけました。
最低気温は、-1度以下だったようです。

甲斐庭樹園のトラックがトン袋6袋を積んでやってきました。
袋の中身は、腐葉土です。明日の桜の盛土植え替え作業の時に使用するのです。

池田さんは、バイクで来るなり、寒い!と言いました。
クロガネモチの木の根元に盛り土をすると言うので、小生も、手伝うことにしました。
間もなく、やって来た神本さんと3人で、キャリーに撤去する予定の菜の花畑の土を積み込んで、キャリーを運転しながら、最下流のクロガネモチまで、根元に土を盛土していきました。
クロガネモチも水はけの関係か、元気がありません。これで、少しは、元気になるといいのですが。

暫くすると、山下さんと長嶋さんは、モーツアルトの花壇の整備を始めました。
まだ、少し雑草の残った土を掘り起こしました。さらに、春に植えるモーツアルトの穴を掘りました。ここは、石が多くて、難儀したと思います。

下流に大勢の人がいるので、誰だろうと見ていると佐伯さんと今井君でした。
佐伯さんは、花物語のイベント部会長、今井君は、草刈部会長です。
花物語の打ち合わせにやってきたのです。
暫くすると、谷平さん、国交省の武石所長もやって来ました。

武石所長は、右岸側の昨年末に工事をした河川敷に、来週から、砕石を入れて、締固めの作業に入る予定だと言いました。
昨年より、かなり広くなりましたし、花物語の時には、イベント会場としても有効ですね。
今後は、雑草が生えることは、ないでしょうし、我々の駐車場としても最適です。

さて、明日は、いよいよ、上流の河津桜の活性化作業を実施します。
幸い、風は、それほどでもないようですが、冷え込むようです。
参加の皆さんは、防寒対策をくれぐれもお願いします。



[680] モーツアルトの花壇周辺の整備をしました

投稿者: 松田庄司 投稿日:2018年 1月11日(木)20時55分22秒 FL1-210-147-81-163.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(1月11日)は、用事を済ませて、10時前ころに堤防に行きました。
国道から、対岸の堤防を見ると池田さんと神本さんが1輪車を押して、河川敷に下りて行くのが見えました。

水門の裏手を草刈りした時に、かなり大きな石がごろごろしていました。
一塊にまとめて置いていたのですが、それを河川敷に捨てに行ったのです。

山下さん、神本さん、池田さんは、倉庫の横のフジバカマヤード、モーツアルトの花壇の土止め板の周りに芝(雑草?)を張り付けていました。
板の隙間を芝(雑草?)で、目張りしたのです。
あるものを最大限に活用するのが、神本流です。

山下さんは、モーツアルトの花壇の表面の雑草を鍬で、除去しました。
もう少し、丁寧に、雑草を除去した後に、土を入れると言うことです。

1月20日に北方学園の子どもたちが、堤防で、作業がしたいと言うことだそうですから、
このフジバカマとモーツアルトの花壇にハボタンとパンジーかビオラを植えてもらおうかと思っています。

小生は、13日の桜の盛り土植え替え作業の準備で、新たに若木を植えるところと掘り起こして、盛土して植え替える桜が分かるように、テープを巻きました。

11時過ぎに、ひと段落したので、堤防を後にしましたが、風が強くて、寒かったですね。

午後は、1時半頃でしたか、愛犬を連れて、堤防に行きました。
1日、3回、犬を散歩させます。1回あたり、50分くらいを要します。
犬の散歩も楽じゃありません。
いつもは、家内が祝子川につれて行くのですが、時々、堤防に連れてきます。

散歩していると赤い車が停車しています。よく見ると柳田君と野々下さんでした。
多分、花物語の風車のことで、現地に確認に来たのだと思いました。

帰ろうとして、バタフライガーデンに差し掛かるとフジバカマヤードで、赤坂さんがいつもように、石と竹の根を除去していました。
赤阪さんは、私たちと入れ違いに、お昼前にやって来たようです。
午後から、強風、気温は低く、厳しい寒さでした。
赤阪さんは、間もなく、帰りますと言いましたが、本当に、よく、やりますね。
風邪には、充分、ご注意下さい!






[679] フジバカマの花壇完成

投稿者: 松田庄司 投稿日:2018年 1月10日(水)21時09分55秒 FL1-210-147-81-163.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(1月10日)は、9時前に堤防に行きました。
池田さんは、台車にバケツやペール缶を沢山,積んで、作業の準備をしていました。

何をするつもりか?すぐに分かりました。
モーツアルトの横のフジバカマの花壇に上流のトイレの前の菜の花畑から、土を搬入するつもりです。

小生は、上流の菜の花畑の移植作業でもやるかと思っていたのですが、池田さんの作業を手伝うことにしました。

池田さんは、キャリーを使った方がいいだろうと言いました。なるほど、それは、正解です。
小生は、ガソリンを給油して、早速、エンジンを掛けました。

スコップで、キャリーに土を積み込みました。
池田さんは、台車のペール缶にスコップで、土を入れました。

モーツアルトの横のフジバカマの花壇に、キャリーと台車で、土を搬入しました。

間もなく、神本さん、山下さんがやって来て、4人がかりでの作業となりました。

都合、キャリーと台車で、5回、土を搬入しました。

土止め板で、囲われたフジバカマの花壇は、肥料の効いた土で盛土されて、一杯になりました。
これで、バタフライガーデンのところのフジバカマヤードに続いて、フジバカマの植栽予定地の完成です。

山下さんも満足の表情でしたが、今年の秋は、アサギマダラ道の駅プロジェクトの飛躍の年にしたいですね。

夕方、都市計画課から、13日(土)の桜盛り土植え替え作業に必要な消耗品を倉庫に搬入したと電話がありました。

樹高3mの桜の若木2本は、業者が、当日、朝9時に福岡から、搬入の予定だそうですが、路面凍結のために、遅れる可能性があると言うことでした。

今朝も、堤防は、小雨がありましたが、多分、高千穂方面の雪が飛来して、融けたのだと思います。

桜の盛り土植え替え作業は、小生のたっての念願でありました。
今年で、堤防の全ての桜の活性化作業が完了します。

当日は、都合のつく方は、是非にも、作業にご参加をお願いします。



[678] フジバカマの花壇などの土止め板の設置

投稿者: 松田庄司 投稿日:2018年 1月 9日(火)21時38分34秒 FL1-210-147-81-163.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(1月9日)は、9時前に堤防に行きました。
都市計画課の職員と9時に堤防で、トイレの設置場所について、打ち合わせをする約束でした。
Ⅰ昨日、池田さんと話をして、トイレ設置のためのヤードをこの辺りと決めました。
それを踏まえて、池田さんは、菜の花の移植作業をしたのです。

それにしても風が強くて、寒い朝でした。
9時に市役所の職員が来て、打ち合わせをしました。
トイレの設置場所については、我々の考えていた通りの計画でした。

ところで、下流の水道設備については、昨年の秋頃に、今年度の予算内で、出来る範囲でやりましょうと言う話しになっていました。
それで、良いか?と言うので、中途半端な工事より、来年度にしっかり予算を組んで、やった方が良いと言いました。今年の4月以降の作業になると思います。

神本さんにその旨伝えるとその方がいいですと言う返事でした.
具体的な作業については、ユンボでの掘削作業があったりしますので、国交省とも協議が必要ですが、この点については、先ず、問題はないと思います。

バタフライガーデンでは、フジバカマヤードで、赤坂さんがいつもの石と竹の根の除去作業をしていました。
後、1日で、全ての作業が完了するようです。本当に、御苦労さんです。

神本さんは、今日は、モーツアルトの花壇やフジバカマの花壇の土止め板の設置をするようで、準備作業を始めました。
間もなく、長嶋さんは、この作業がしたくて、やって、来たようでした。

同時に山下さんもやって来て、フジバカマの花壇の一部、芝生のあるところを掘りはじめました。
神本さんは、その芝生を捨てないで、土止め板の周りに植えましょうと言いました。
神本さんは、常に、無駄をしないように、再利用を考えています。立派な心がけですね。

3人での作業でしたが、土止め板の設置が終ると神本さんが「イングリッシュガーデン」のようですねと言いました。
大げさかも知れないのですが、なるほどと思いました。

小生は、上流の菜の花畑に、移植作業をしました。
昨日の雨で、長嶋さんが、菜の花は、元気になりましたね!と言いましたが、さすがに、命の水ですね。

まだ、移植作業は、必要ですが、ぼつぼつやることとします。

ところで、昨日の新春市民の集いは、大勢の人で、賑わいましたね。
夕刊デイリーによると参加者は、339人だと書いてありました。
小生は、香代ちゃんを連れて、メリージュに行くつもりでしたが、早朝、武田さんから、ガーデンベルズだと電話があり、間違いに気が付きました。お知らせ有難うございます。

武田さんは、1時間の持ち時間で①友禅染②宇宙③コットンプロジェクトのことについて、講話をしました。
3つのテーマを1時間で話すのは、ちょっと、忙しいですね。もっと、時間があれば、武田さんも余裕を持って、ゆったり話ができたのではと思いました。

しかし、武田さんの思いは、皆さんに十分、伝わったと思います。
つけ睫毛をして、いやが上にも若作りをしての講話でしたが、終れば、万雷の拍手でした。

谷平さんが万歳三唱の前に少し、話しをしましたが、武田さんは、どう見ても30歳代に見えます、気持ちの持ちようですねと言いました。それは、ちと、褒め過ぎです?が、50歳には、見えましたよ!

元気いっぱい、時には、大きな声を挙げての講話でしたが、夢ありてこそ、素晴らしい人生だと皆さんも、思ったことでしょう。

講話は、上出来、五重丸でした!





レンタル掲示板
675件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.