nobeokaはげらし会



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


551件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[561] まだまだ、暑いですね

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 8月18日(金)17時43分20秒 FL1-218-42-127-148.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(8月18日)は、8時前に堤防に行きました。午前中に、眼科に行くつもりでしたから、いつもより、早く行きました。

雪竹さんは、既に、コットンヤードで、汗びっしょりになって、除草作業をしていたのですが、7時に来たと言いました。

神本さん、池田さんも間もなくやって来て、それぞれに、昨日の続きの作業をしました。
神本さんは、上流の水門の裏の桜周辺を刈払機で、草刈りしました。
この辺りは、大きな石が多いので、要注意です。
刈払機の刃も新しいものは、石に当たって、直ぐに破損するので、古い刃を使っています。
ですから、切れが悪く、その分、作業時間がかかります。

池田さんは、下流の菜の花畑とその周辺を自走式草刈機で、刈り倒しました。
菜の花畑は、凸凹が多いので、時々、負荷がかかって、機械が停止することがありますが、刈高を高くして、機械に負荷がかからないように作業をした方がいいですね。

小生は、弱った2本の桜と枯れかけた1本の桜に水やりをしました。
それから、フジバカマに殺菌剤の溶液を散布しました。

それが終るとホームワイドに刈払機の刃を買いに行こうと車に乗り込み、出入り口に向かうとコットンヤードに武田さんがいました。
アイスを買ってきますと言うとニコニコ顔でした。

明後日の日曜日に木村君が草刈りに来る予定ですから、新しい刃を用意しておこうと思ったのです。

途中、武田さんから、長嶋さんも見えましたと連絡がありました。
コットンヤードでは、武田さん、雪竹さん、長嶋さんの3人組が分担して、要領よく、除草作業をしていると思いました。

10時前に、堤防に到着するや、すぐに、ヤマモモの木の下で、アイスを頬張り、休憩タイム。
上流の神本さんは、ひとり、離れての休憩タイムとなりました。

10時過ぎに、お先に失礼して、眼科に行きましたが、患者が多くて、座席にも座ることが出来ず、診療が終わったのが午後2時前でした。

眼圧は、左が20、右21でした。
医師、曰く「高いですね」と。薬が、1週間ほど前に、切れていたのです。
「コメントのしようがありません。次は、点眼した状態で、来てください」と不機嫌でした。

どうも最近、近くのものが、ぼやけて見えていたのです。
武田さんがえらく、若く見えていたので、不思議に思っていたのです。








[560] いつものメンバーが揃いました

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 8月17日(木)18時05分2秒 FL1-218-42-127-148.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

昨日(8月16日)は、9時頃に堤防に行くと、コットンヤードでは、武田さんと雪竹さんがコットンの周りの雑草を額に汗して、除去していました。

久し振りに登場の池田さんは、自走式草刈機で、バタフライガーデンから下流の斜面の草刈りをしました。
斜面全体を草刈していたので、驚きました。さすが馬鹿力の池田さんです。
私には、出来ない作業です。

長嶋さんは、枯れたフジバカマの除去作業をした後、コットンヤードの除草作業に合流しました。

小生は、弱っている2本の桜と枯れかけている1本の桜に水やりをした後で、フジバカマに殺菌剤の溶液を散布しました。
それが済むと、下流の水仙ヤードの雑草を刈払機で、刈りました。
草ぼうぼうで、何処が水仙ヤードか、分からなくなっています。
岡富中学の生徒が植えたところですが、その後の維持管理まで我々も手が回りません。
せめて、草刈りをして、ここがそのヤードだと分かるようにしました。

気温は、少し、下がってきた感じですが、蒸し暑く汗びっしょりです。
アイスを買ってこようと思い、車の方に向うと武田さんが、「松田さん、アイスを買ってきてくれませんか?」と哀願するように言うので、武田さんは、化け物だと思っていましたが、どうやら普通の人間のようですね。

今日(8月17日)も、9時頃に堤防に行きました。
いつものように出入口の広場では、赤坂さんがしゃがんで、除草作業に余念がありません。

コットンヤードでは、雪竹さんが雑草を綺麗に除去していました。
汗びっしょりでしたが、7時から9時までくらいがいいところですねと言いました。

倉庫のところに行くと池田さんは、電気バリカンで、フェンスの外の雑草を刈り倒していました。
それが済むと、下流の雑草が伸び放題の菜の花畑を自走式草刈機で刈り倒しました。

久し振りの神本さんは、上流の水門の裏手の桜の下草刈りをしていました。
ここは、県道を通過するときにいつも見えていて、気になっていたのですが、なかなか、手が回らなかったのです。

小生は、弱っている桜へ水やりをしました。
枯れかかっている桜は、川端良子さんが寄贈してくれた桜だそうで、武田さんは、気が気ではないらしく、非常に心配しています。

見た目には、いかにも、絶望的な状態ですが、小生は、何とかなると思っています。
新しく、芽が出るまで、水やりを続けようと思います。

その後は、フジバカマに殺菌剤を散布しました。
このところ、毎日、散布していますが、どうやら、少し、効き目が出てきたようにも見えます。
葉の先端を見ると花芽をつけているのが、分かります。
薬剤がなくなるまで、散布しようと思います。

ところで、このところ、ゴミが溜まってきたので、第一環境に電話するとすぐにやってきたのには、驚きました。
運転手は、近くを走っていた時に、電話がったと言いましたが、ゴミがなくなり、すっきりしました。

出入口に向うとまだ、赤坂さんが作業をしていたので、帰りましょうと声を掛けて、帰途につきました。

この暑さももう少しの辛抱でしょうかね?




[559] 恵みの雨でした

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 8月16日(水)08時23分48秒 FL1-219-107-90-123.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

一昨日(8月14日)の夕方は、午后4時から午後7時まで、堤内さんは、コットンへ散水をしたそうです。
武田さんも同じく、コットンの支柱の紐を結んだり、除草などをされたそうです。
長いホースを移動しながら、3時間の水遣りは、かなりの重労働です。
日照り続きだったので、コットンにとっては、まさに、命の水だったでしょうね。
お疲れさんでした。有難うございます。

翌15日の早朝、なにやら、音がするので、窓を開けると待望の雨が降っていました。
やった!と思いました。5時頃までは、かなりの雨量で、堤防の桜にとっては、本当に恵みの雨でした。

まもなく、雨がやみました。松山橋と水門の間の桜が気になっていたので、9時頃に堤防に出かけました。
さすがに、誰も来ていないだろうと思いましたが、出入り口の広場では、赤坂さんがいつものスタイルで、除草作業をしていました。
赤阪さんのお蔭で、出入り口の広場は、いつも綺麗です。有難うございます。
周辺の花壇の花もより、美しく見えますね。
最近は、サルビアがまた赤く色づいて来ました。大間さんや佐藤さんの手入のお蔭です。

小生は、水門から松山橋の間を歩いてみました。工事が終わっていて、綺麗に整備されています。
松山橋の袂から、車で、堤防に進入することが出来ます。
ただ、車止めが設置されているので、鍵で開ける必要があります。

桜を点検して歩きましたが、数本の桜は、コスバシカの食害により、枝が折れているのが有りました。
巻きついた蔓を除去したり、剪定したりして、10時半過ぎに、作業を止めて、出入り口に向いました。

すると、田口さんが、やって来ました。
コットンの支柱を立てなければと思っていたそうですが、申しわけありません、皆さんがやってくれて、有難うございましたと言いました。

田口さんは、大きくなりましたね!コットンを見てきますと上流へ向かいました。

赤阪さんに、声を掛けて、帰途につきましたが、恵みの雨には、ホットしたことでした。





[558] 日照りは、いつまで続く

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 8月14日(月)17時38分20秒 FL1-219-107-90-123.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(8月14日)は、用事を済ませて、10時過ぎに堤防に行きました。
気になる桜への水遣りとフジバカマに殺菌剤を散布するためです。

コットンヤードでは、武田さん大きく伸びたコットンの先端を剪定鋏で切り落としていました。
晴天続きですが、コットンは、緑も鮮やかに、元気がいいですね。

山下さんは、ヤマモモの樹の傍、モーツアルトの傍のフジバカマを引き抜いていました。
さらに、周辺の花々に水やりなどしました。
白絹病は、蔓延して、防止することが出来ません。
小生は、駄目もとで、毎日、殺菌剤を散布しています。
多分、全滅するかもしれませんが、取りあえず、薬剤をすべて、使い切るまで、散布するつもりです。

元気のない桜2本に水やりをして、予定の作業がすんだので、上流へ向かいました。
松山橋から、水門の間の工事が、完了したようです。どうなったのか、様子を見るためです。

ところが、中央の菜の花畑沿いの桜の1本が枯れかけています。
気が付きませんでした。慌てて、引き返して、水をポリ容器に汲んで、根元にたっぷりかけました。
この桜は、武田さんの友人が寄贈してくれた桜だったと思います。
この桜も当分は、水やりが欠かせませんね。

お盆が過ぎたら、全部の桜への水やり作業をした方がいいでしょうね。
天気予報を見ても、雨は、降りそうもありません。
いつだったか、長嶋さんが、雨乞いをやらなければと言いましたが、本当にそうですね。


ところで、明日の夕方、野々下さん主催の下記の講演会があります。
お盆で、何かと忙しい時間帯かも知れませんが、時間のある方は、是非、お出かけください。
宮崎県は、林業県です。しかし、林業では、生活できないと言われています。
野々下さんは、自伐型林業で、林業の再生を目指しています。

自伐型林業講演会
演   題 「林業で生きる道」
講演者 橋本光治 氏
平成28年度内閣総理大臣表彰、家族経営専業林家による
自然と調和した小規模林業(100haの山林を家族3人で経営)
日   時 8月15日 (火)午後6:30~8:00
場   所 延岡市中小企業センター4F
参加費 無料 問合せ先 090-2967-9307
主催 延岡自伐型林業研究会





[557] コノハナロードは、年中無休?

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 8月13日(日)20時53分48秒 FL1-219-107-90-123.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(8月13日)は、8時半に我が家に僧侶がやって来ました。
例年のことですが、仏壇に向かうと般若心経を唱えて、先祖の供養です。

それが済むと、9時過ぎに堤防に出かけました。
気になる桜への水やりとフジバカマに駄目もとで、殺菌剤を散布するためです。

お盆の初日は、さすがに、皆さん、お休みだろうと出入口に差し掛かるといつものように赤坂さんが除草作業をしています。
車を降りて、挨拶をしましたが、今朝は、ゆっくり来ましたと言いました。
赤阪さんは、地区の副公民館長をしているとかで、今朝は、月に一度の共同作業をこなした後、やってきたようでした。

バタフライガーデンでは、山下さんが、小さな女郎花の苗を植えているところでした。
来年のために、植えているそうですが、精がでますね。
山下さんと話していると自転車に乗った大畑さんが手を振って帰って行かれました。
コスモスのお世話が終ったのでしょうか?いつも、早朝に来ているようです。

コットンヤードでは、武田さんがコットンの支柱の紐を結び直していました。
育ちが悪いと心配していたコットンですが、ここへきて、急に大きくなりました。
あまり、大きくなり過ぎないように、明日は、剪定鋏で、摘心すると言いましたから、
武田さんは、明日も御出勤のようです。

小生は、桜に水をやり、フジバカマに殺菌剤を散布しましたが、コットンヤードを見ると雪竹さんの姿がありました。
どうやら、コットンの写真を撮っていましたから、観察に来たようです。
コットンの花も白、黄色、ピンク色々です。
洋綿、和の綿、中國の綿、種類もいろいろあるようです。
緑の葉もたわわに、一列に並んだ、コットンは、生き生きとしていて、壮観です。

小生は、予定の作業が終わるとお先に失礼しましたが、皆さん、お疲れが出ませんように!



[556] 久しぶりの早瀬さん

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 8月13日(日)05時59分48秒 FL1-219-107-90-123.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

昨日(8月12日)は、9時前に堤防に行きました。
お盆前の今日は、どなたも来ていないだろうと出かけましたが、出入り口では、赤坂さんがいつものように、広場の除草作業をしていたので、ビックリです。

小生は、倉庫の少し上流の桜が元気がないので、気になっていて、このところ、毎日のように水やりをしています。
多分、根腐れ気味で、水分の吸収が十分でないと思われます。
この桜は、まだ、掘り起こして、盛土をして植え直す活性化の作業が済んでいません。
来年の1月頃に、その作業をする予定です。それまで、気を抜く訳には、いきません。

間もなくすると早瀬さんがやって来ました。
少し、時間があったので、草刈りに来ました。どこをやりましょうと言うので、前日、木村君が草刈りをした続きをしてもらいました。

ところで、早瀬さんは、過日の市議会で、延岡花物語会場に歩行者専用の潜水橋を架設できないかと質問しました。
これに対して、商工観光部長は、国土交通省をはじめとする関係機関と問題点を整理したい
と答弁しています。

この問題については、谷平さんも水面下で動いています。
ハードルは、高いと思いますが、突破口になるといいですね。

小生は、コットンヤードの上流の菜の花畑を自走式の草刈機で、草刈りをしました。
刈払機では、2時間は、掛る作業も、30分ほどで、完了です。
随分、楽になりましたが、それでも、汗だくになりますね。

いつの間にか、山下さんがヤマモモの樹の傍のフェンス沿いの女郎花のお世話をしていました。
バタフライガーデンでのいつもの作業をした後だと思いますが、山下さんも頑張りますね。
武田さんも元気ですが、76歳、山下さんも元気すぎるおじさんです。

11時前だったと思いますが、早瀬さんも次の予定があるとか、小生も午后は、久し振りで、碁会所に行こうと思っていたので、山下さんに声を掛けて、出入り口に向いました。

出入口の水道のところには、赤阪さんがいて、作業後の汗を濡れタオルで、ふき取っていました。
早く来て、早く帰る方が、楽です、これから、帰りますと言うことでした。
いつも、有難うございます。

最近は、軽めの作業で、肩こりがなく、頭の回転もよくて、久し振りの碁会所では、全勝優勝でした。

帰宅すると、九州俳句大会実行委員会から、僕が投句したその俳句が佳作に入賞したので、10月1日の宮崎観光ホテルで行われる俳句大会に出席してほしいとお知らせが来ていました。賞状と副賞がもらえるそうです。
俳句で、賞を頂くのは、初めてですが、これが俳句人生のはじまりか!







[555] 白絹病には、お手あげです

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 8月11日(金)18時04分16秒 FL1-219-107-90-123.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

昨日(8月10日)は、8時半頃に堤防に行きました。
県道から、コスモスヤードを見ると大畑さんの車がありました。
よく見ると自転車もあるので、香代ちゃんも来ていると分かりました。

台風の翌日、倒れたコスモスを、我々で、たすけ起こし、支柱を立てましたが、
大畑さんは、皆さんに感謝しますと喜んでいました。
2人は、しばらく、コスモスのお世話をしていました。
しばらくして、大畑さんの帰った後、香代ちゃんは、フェンス沿い彼岸花周辺の除草作業をしました。

その後、小生は、ヤマモモの樹の傍のフジバカマとモーツアルトの横のフジバカマに殺菌剤を散布しました。
このところ、毎日のように、殺菌剤を散布していますが、効き目がありません。
残念では、ありますが、今年のアサギマダラの飛来は、ほぼ絶望的となりました。

本日(8月11日)は、9時頃に堤防に行きました。
出入口の広場では、赤坂さんがすでに、雑草をねじり鎌で除去していました。

倉庫前に行くと木村君が刈払機を2台並べて、刃を交換しようとしていました。
どちらも、かなり、摩耗していたので、どちらも新しい刃に替えました。

今日は、誰も来ていないだろうと思っていましたが、もしかしたら、木村君は、来ているかもしれないと思いました。
祝日で、仕事が休みだからです。

予定の草刈りが終わったので、赤坂さんと木村君にアイスを買ってくるために、車に乗り、出入り口に向いました。
途中のバタフライガーデンには、いつの間に来たのでしょう、山下さんと長嶋さんがいました。

アイスを買って、出入り口で見渡すと赤坂さんの姿が、見えません。
何か、用事があったのでしょうか?帰られたあとでした。
遅かりし由良の介・・・声を掛けずに申し訳ありませんでした。

その後は、ヤマモモの樹の傍のベンチで、小休止をしました。
木村君は、12時か、午后1時頃まで、作業をすると言いました。
山下さんは、モーツアルトの傍のフジバカマを除去すると言うことでした。

山下さんは、フジバカマは、来年は、プランターに植える計画のようですが、なるほど、それなら、白絹病にやられることはないでしょうね。賛成です。

長嶋さんと小生は、11時頃にお先に失礼しましたが、コノハナロードに行けば、必ず、仲間の誰かに会えるのですから、不思議です。











[554] クサネム

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 8月10日(木)05時54分42秒 FL1-219-107-90-123.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

昨日(8月9日)は、色々、用事が重なって、堤防の作業は、出来ないのですが、ヤマモモの樹の傍のフジバカマとモーツアルトの横のフジバカマに殺菌剤を散布するために8時頃に堤防に出かけました。

殺菌剤の散布が終わり、帰ろうとすると池田さん、神本さんがやって来ました。
池田さんは、コスモスヤードの上流の水門の裏の草刈りを始めました。
ここにも、河津桜が植わっているので、周辺の草刈りは、必要です。

1昨日、出入り口の花壇の枯れたオオバネムノキの近くに、その「ひこばえ」と思しき植物を植えましたが、どうやら、それは、オオバネムノキではなく、山下さんの慧眼によれば、「クサネム」らしいことが分かりました。

池田さんが、上流の堤防の上を草刈しているときに、オオバネムノキそっくりの「クサネム」を見つけたのです。
山下さんのお説の正しいことを実感したのであります。

神本さんに何をしますかと尋ねるとコスモスヤード周辺の草刈りをしようかな?と言いました 。

ところで、最近のコットンの生育は、順調そのものです。
少し、心配した時期もありましたが、200mのサニブラウンのように、後半、ぐんぐん、伸びましたね。

神本さんは、10日から、16日までは、お盆で、忙しいので、堤防の作業は、お休みとのことでした。

池田さんには、13日から、15日の間は、お盆休みと言うことで、ゆっくりしましょうと提案して、9時頃に,堤防を後にしました。

暑さ寒さも彼岸まで、少しばかり涼しくなるといいですね。






[553] 猛暑でしたね

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 8月 9日(水)01時44分6秒 FL1-219-107-90-123.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

昨日(8月8日)は、堤防の作業は、休むつもりでしたが、ヤマモモの樹の傍のフジバカマとモーツアルトの横のフジバカマに殺菌剤を散布する作業だけは、やらなければと思い、出かけました。

8時すぎでしたが、出入り口の広場では、赤坂さんが既に除草をしていました。
今年の2月に植えた一番大きなオオバネムノキが枯れているのですが、木を丸く取り囲んだ石の外側に、根は生きているのでしょうか、芽をだして、かなり葉をつけて、30cm位に成長しているのです。「ひこばえ」と言うのでしょうか?

池田さんは、掘り起こして、石の内側の枯れたネムノキの根元に移植しました。
この猛暑の時期では、早晩、枯れるでしょうが、やむを得ないと思います。

植えて、活着したところで、枯れた大きなネムノキ程度になるには、数年は、掛るでしょうから、処分するしかないと思いました。

間もなく、神本さんもやって来て、倉庫の周辺の残材を整理していました。

神本さんに所用があるので、今日は、これから、帰りますと伝えて、堤防を後にしました。

その後も、どなたか見えたでしょうか?それにしても、猛暑ですね!

皆さん、無理な作業は、お控えください。ぼつぼつ、やりましょう。

ところで、県土木事務所に枯れたオオバネムノキをどうするのか?花壇の花苗について、何か支援は、できないのか?など電話しましたが、担当者が休みで、返事がもらえませんでした。後日、返事があると思います。

出入口の花壇の維持管理については、由華さんの専任事項ですが、私は、その実情をあまり詳しく知りません。週に2回水やりをしていることは、知っていたのですが、花のお世話は、どうなっているのだろうと思いました。

夕方5時過ぎに、堤防に行きました。上流のフェンス沿いの菜の花畑周辺の草刈りがしてありました。多分、池田さんが、自走式草刈機で、やったのでしょうね?

5時半過ぎに出入口の花壇に差し掛かると大間君夫妻、佐藤さんがマリーゴールドの枯れた花柄を剪定鋏で、摘んでいました。
昨日も、同じ作業をしたそうですから、花守も大変ですね。

大間さんに、次は、何を植えますか?と言いました。
そしたら、植物園の前に咲いている背の低い黄色いコスモスが欲しいと言いました。
都市計画課に問い合わせますが、種が沢山欲しいですね?

ちなみに、昨日の気温は、37,1度とか、暑いわけです。












[552] 台風は、無事通過

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 8月 8日(火)05時19分3秒 FL1-219-107-90-123.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

昨日(8月7日)は、朝8時前に堤防に行きました。
台風は、どうやら、少しそれて、四国に向ったようですが、深夜は、かなり強風だったのです。
倉庫のところに行くと香代ちゃんは、既に、来ていて、コットンヤードの上流は、かなり、倒れたコットンが、あって、支柱を打ち込んだと言いました。

小生も下流の倒れたり、傾いたコットンを起こして、支柱を打ち込みましたが、昨年に比べるとほとんど、被害はなく、幸運でした。

間もなく、赤阪さんがやって来て、手伝ってくれました。
赤坂さんの仕事は、概して、丁寧です。支柱を打ち込むだけではなく、コットンを結び直すなど、気配りが行き届いています。

暫くすると、池田さんが自転車でやって来ました。なんでも、バイクのエンジンが掛らなかったそうです。

9時半頃には、武田さん、山下さん、長嶋さんがやって来ました。
長嶋さんは、久し振りでしたが、元気そうで、何よりです。

武田さん、長嶋さんは、コットンのお世話をしたようですが、山下さんは、バタフライガーデンでいつもの作業をされたようです。

上流のコスモスヤードでは、ほとんどすべてのコスモスが倒れていて、香代ちゃんがコスモスを立て起こして、支柱を打ち込んでいました。
コスモスは、500本ほどありますから、一人では、無理な作業です。

小生は、竹を切断して、支柱を作り、打ち込みました。香代ちゃんは、支柱とコスモスを紐で、結びました。
池田さんも手伝ってくれましたが、後半は、長嶋さんも作業に参加してくれました。
お蔭で、12時頃には、倒れたコスモスのほとんどを助け起こして、支柱を立てることが出来ました。

大畑さんの肝いりで、始まったコスモスの植栽ですが、コノハナロードの新たなプロジェクトになり得るかどうか?今後が楽しみです。

作業を終えた皆さんがヤマモモの木の下に集まりましたが、堤内さんがいたので、驚きました。
堤内さんは、昨年も台風の翌朝は、堤防にやって来ましたが、コットンが気になって、やってきたのでしょうね?

12時半頃に出入口に向いましたが、赤坂さんは、まだ、オオバネムノキの近くの花壇周辺の除草作業をしていたのです。

もう、帰りましょうと声を掛けましたが、赤坂さんは、今日は、涼しかったと言いました。
なるほど、そうでしたね、朝から、一度も、休憩タイムを取ることなく、作業をした事に気が付きました。

時々、やや強風が吹いて、汗を吹き飛ばしてくれました。

明日からまた、暑い日が続きそうです。皆さん、無理のない範囲で、作業をしてください。

本日は、小生、所用の為、作業は、お休みします。






レンタル掲示板
551件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.