nobeokaはげらし会



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


585件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[595] 明日は、雨のようですね

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 9月26日(火)21時11分54秒 FL1-218-42-127-148.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(9月26日)は、家内と愛犬を連れて、8時頃、堤防に行きました。
家内には、堤防のトイレが汚れていたので、掃除をしてもらいました。
その間、小生は、愛犬を連れて、散策しました。
倉庫の方を見ると池田さんが自走式草刈機を清掃しています。
近くまで行き、挨拶すると燃料がないと言うので、早速、近くのスタンドにガソリンを買いに、走りました。

小生は、家内と愛犬を連れて家に帰ると再び、堤防にUターンしました。

池田さんは、自走式草刈機で、バタフライガーデン周辺とヤマモモの木の傍の菜の花畑を草刈りしました。
山下さんは、バタフライガーデンの花々の周囲の除草作業に余念がありませんでした。

神本さんは、看板にペンキを塗り、その後、50mの水道ホースを片付けていました。
水道ホースもしばらくは、使う機会は、ないでしょう。

小生は、倉庫の横の水タンクを載せたキャリーのエンジンを掛けて、上流のトイレの傍の格納庫まで、移動しました。
来年、菜の花に散水するまでは、使用する機会は、ないでしょうね。

長嶋さんは、ヤマモモの木の傍の枯れたフジバカマを除去した、その跡地を鍬で耕していました。
山下さんは、そこに、百日草を植えようかと思っていると言いました。
ツワブキの植栽も考えたようですが、日陰の無い、堤防は、適地ではないと判断されたようです。

その後、小生は、刈払機で、倉庫とヤマモモの木の間のモーツアルトの花壇周辺の草刈りをしましたが、神本さんも一緒に作業をしてくれましたので、短時間で、綺麗になりました。

さて、明日は、雨の予報が出ています。晴耕雨読といきますか?





[594] コットンを引き抜くのも大変ですね

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 9月25日(月)21時55分52秒 FL1-218-42-127-148.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(9月25日)は、9時過に友人を誘って、堤防に行きました。
出入口では、近くの斜面にへばりついて、香代ちゃんが作業をしています。
赤い彼岸花の中に数本白い彼岸花があります。それを引き抜いていたのです。
赤一色にしたいのでしょうか?
香代ちゃんの横に延高同期の埼玉からやって来た幸ちゃんがいたので、びっくりです。
彼女は、下流のフェンス沿いの彼岸花を植えるときには、香代ちゃんを手伝ったことがありました。やはり、愛着があるのでしょうね。

下流の菜の花畑では、池田さんが自走式草刈機で、伸びた雑草を刈り倒していました。

バタフライガーデンでは、山下さんが、何時ものように花々のお世話をしていました。

コットンヤードでは、馬原さんが、コットンを引き抜いていました。
武田さんも一輪車を押して、そのコットンを運ぶところでしたが、支柱を引き抜くのが、
大変です、女の力では、無理ですと言いました。
それで、馬原さんに助けを求めたようです。

ヤマモモの木の少し下流の白絹病でやられた後のヤードでは、長嶋さんが鍬で掘り起こしていました。
何を植えますか?と尋ねると山下さんと相談しましたが、ツワブキを植えることにンなったと言いました。

昨年、出かけた島野浦のツワブキの花にも沢山、アサギマダラが来ていましたね。

10時頃に、光勝寺に横浜から帰って来た延高同期の高倉君と娘さんを迎え行き、堤防に案内しました。

山下さんの友人で、松本さんという方は、北大の卒業で、同じく北大の化学を出ている高倉君を知っていて、しかも、堤防の桜による名所づくりの提案者であることも知っているそうです。
そのような訳で、高倉君も山下さんには、親近感があって、挨拶がしたかったのです。
世の中は、狭いですね。

その後は、ヤマモモの木の下で、休憩中のみなさんに挨拶をした高倉君と娘さんを市内案内して、源太に向いました。彼は、懐かしいと言いながら、ちゃんぽんを食べましたが、娘さんが注文したチキン南蛮に箸を伸ばして、ひと口、口に入れるとうまい!と言いました。

どうやら、チキン南蛮が気に入ったようです。午後の便で、横浜に旅立ちましたが、来年2月の延岡花物語には、元気に帰ってくるだろうと思いました。












[593] 遠来の友、彼岸花を愛でる

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 9月23日(土)20時53分34秒 FL1-218-42-127-148.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(9月23日)は、市長候補永山氏(前県総合政策部長)の)事務所開きがありました。
香代ちゃんを同伴して中央通りの事務所に行くと、玄関前で、永山氏夫妻が
出席者を迎え入れていました。
小生が、今日は、家内を連れてきましたと言うと、同級生と知っている永山氏は、にこにこ笑いながら、ようこそと招き入れました。

横浜からやって来た延高同期の高倉君には、10時頃にホテルに迎えに行くと連絡をしていましたが、神事や県知事、市長、来賓の挨拶が多くて、ホテルに到着したのが、10時半過ぎでした。

ゴンちゃん(彼のあだ名)は、私に、河津桜による名所づくりを提案した人物ですが、
彼岸花にも思い入れがあって、今回は、彼岸花を見るためにやってきたのです。

早速、堤防に同行すると出入口の平面部と斜面部の彼岸花を案内しました。
ここは、昨年、球根を植えましたが、かなり、綺麗に咲いていますが、茎は、やや細く、
花も小ぶりの感じです。

倉庫の傍のフェンス沿いの彼岸花は、香代ちゃんが一人で、こつこつ植えたところですが、
花も大きく開いて、見ごたえがあります。
ゴンちゃんは、3年も経つと綺麗になるねと納得の様子でした。

小生が、数年後には、真赤な絨毯になるだろうと言うと頷きました。

300mのコットン畑にも眼をやって、これは、凄いわと言いました。
コットンボールが弾けてできた綿を、珍しいのか、ゴンちゃんは、一つ、切って
欲しいと所望しました。話しのネタにするのだと言いました。

今日は、お彼岸の中日、作業をしていたのは、雪竹さん、長嶋さん、池田さんの3人だけでした。
雪竹さんは、何時ものコットンヤードの除草作業、長嶋さんは、自宅からフジバカマのプランターを持ってきて、山下さん持参のプランターの横に並べていました。
池田さんは、自走式草刈機で、倉庫の傍のフェンス沿いの彼岸花の周辺とコットンヤード周辺の草刈りをしたようです。
見ごろを迎えた彼岸花とコットンに配慮しての作業です。

ところで、池田さんは、ゴンちゃんの実家の中島町の近くの出北に住んでいますから、地域の話に花が咲いて、長らく、歓談をしました。

夕方、埼玉からやって来た幼馴染の上の町さんから、今、堤防にきている。散歩の人から、上流の彼岸花が綺麗だと言われたので見ているけれど、綺麗!!香代ちゃん、頑張ったねと感心していました。
彼女は、3年前でしたか、2か月ほど、延岡に滞在した時があって、香代ちゃんと草刈りなどの作業を共にしたことがありました。

ゴンちゃんは、桜も大きくなったねと、見あげましたが、彼の提案から、間もなく、10年です。感慨深いものがあります。




[592] 久しぶりの赤坂さん

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 9月21日(木)21時16分44秒 FL1-218-42-127-148.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(9月21日)は、9時前でしたか、堤防に行くと出入口の広場で、久し振りに赤坂さんが芝の根を掘り起こしている姿がありました。

このところ、見かけなかったので、心配していたのです。
地区の公民館活動などが忙しくて、堤防には、午后から、やって来て、作業をしていたそうです。
道理で、広場は、いつもと変わらず綺麗になっていたのです。感謝です。

コットンヤードでは、雪竹さんが、鍬を持って、除草作業をしていました。
恐らく、早朝から、やっているのでしょうが、綿畑は、綺麗になりました。
今日は、さわやかカレッジがあるとかで、間もなく、帰っていきましたが、お疲れさんでした。

倉庫のところに神本さんの車がありましたが、姿が見えません。
コスモスヤードで、作業をしていると直感しました。
行ってみると倒れたコスモスを束ねて、支柱に紐で、結び直していました。
台風の後、大畑さんが、助け起こしてはいますが、完全では、ありません。
神本さんは、植えた直後から、コスモスに対しては、竹で、花壇の囲いをしたり、草刈りをしたり、様々に心配りをしています。
コスモスには、人知れず、愛着があるようです。
小生も支柱を立てて、茎を紐で結ぶ作業を手伝いました。

山下さんは、モーツアルトの横のフジバカのヤードにプランターに植えたフジバカマを追加配置したようです。
今後も数名の方から、プランターをいただいて、配置するそうです。
秋には、また、アサギマダラの飛来を楽しむことが出来るでしょう。

都市計画課から、来てほしいと電話があったので、10時過ぎに堤防を後にしました。

都市計画課には、出入り口の花壇の花苗について、支給してほしいと既に、要望しています。
これについては、まだ、検討中の段階です。

最近、県では、美しい宮崎づくり推進計画と言うのが、動き出しています。
この計画に対して、意見を具申しては、どうかと都市計画課から、話しがあったのです。
それで、コノハナロード市民応援隊として、「市の予算では、支給数量に限度があるため、県が整備した箇所や県有地等の沿道修景のための花壇等については、年に2回でもいいので、県より、花苗や種等の支給について、補助制度を設けてほしい」と要望することにしました。

今年の作業には、間に合わないかもしれませんが、今後の安定的な花壇の維持管理には欠かせない制度だと思いますので、是非にも実現させたいと思っています。

追伸:出入口の周辺の平面部、斜面の彼岸花が綺麗に咲いて来ました。
昨年に比べると花数も増えて、随分,綺麗です。
将来有望の感を深くしました。2年後には、「美しい宮崎づくり大賞」に応募できるでしょう。









[591] 75歳の新規開拓NO2

投稿者: 川崎勝治 投稿日:2017年 9月21日(木)14時22分57秒 dhcp-ubr1-0733.csf.ne.jp  通報   返信・引用

9月7日は湯布院、大分コースです。
最初は湯布院の山奥、農業法人です。紹介する人がいて、住所、番地を聞きました。不思議なことにナビにて検索したがヒットしません。
いやな予感がよぎります。
3時間かけて目的地に到着しました。
鉄の門が閉まっています、中央に白い張り紙が貼っている。
(当社は倒産しました。弁護士が清算中です。)
すぐに紹介者に電話した。紹介者は売掛金がありビックリしています。

人生最大の営業失策です。妻が言います。
日本広しといえども倒産会社に売り込み掛けるなんて、聞いた事がない。
大笑いされた。事前調査が甘かった。営業として脇が甘かった。
高齢者の判断は世間に通用しないのか。
農業法人も会社だから、倒産だって有りだ。

3時間かけて、雨と霧の中を行った。実に悔しい。
由布岳が目の前にある、気を取り直し次は大分だ。
大分では、所長さん 営業さん2人にセラパックの説明をした。
カタログ、単価表、エチレンガスを多く発する野菜 果物の一覧表を渡した。
帰りは別府大分道が濃霧のため通行止め。
大分~湯布院まで地走り。
不運は続く、土砂降りの雨、濃霧、高速が走れず全ての車が一般道に溢れて
大渋滞。湯布院インターまで3時間掛かった。
帰宅したのは10時30分。
憔悴し切って、クタクタで帰宅です。
二度とこの様な失敗は繰り返さない。
(アマゾン 鮮度保持袋 セラパック)も宜しく。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF-30-%E9%AE%AE%E5%BA%A6%E4%BF%9D%E6%8C%81%E3%83%9D%E3%83%AA%E8%A2%8B%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF-8%E6%9E%9A-%C3%975%E5%86%8A/dp/B074PPRMJM/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1505971



[590] インター線斜面部の桜の下草刈りは、完了

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 9月20日(水)15時41分21秒 FL1-218-42-127-148.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(9月20日)は、少し、肌寒くさえ、感じました。
8時半頃に倉庫のところに行くと神本さんが、既に、スタンバイの状態でした。
上流の桜の下草刈りをやりましょうと声を掛けると早速、その準備を始めました。

やがて、池田さんもやって来て、バイクに刈払機を積んで、上流に向いました。
乗用車には、刈払機2台は、積み込むことが出来ません。
それにしても、池田さんは、慣れているのか、フロントの籠に刈払機を横長に積んで、走ります。
ま、街中の道路では、危険で、駄目でしょうが、堤防では、許される行為でしょうか?

今日の作業は、上流のインター線斜面部の桜14本の下草刈りです。
先ず、作業道を作るために、桜の下の配水溝の周りの草刈りをしました。
それが済むと、桜に巻きついた葛の蔓を剪定鋏で、切り落としました。

ここまで来れば、作業は、終ったも同然です。
刈払機3台で、下草刈りをしました。
10時頃でしたか、野々下さんの声がします。振り向くと差し入れですと言うので、作業を止めて、下の堤防(舗装道路)に下りて行きました。

武田さんからですと言って、ゼリーと破れ饅頭をいただきました。有難うございます。
堤防に座り込んで、頂きましたが、休憩したい時刻でしたので、グッドタイミングでした。
その時に、野々下さんが池田さんの頭を見て、短く刈りましたねと言いました。

髪の毛を2mmに刈り揃えたそうですが、いかにも涼しげです。
ただ、法衣を着れば、僧侶に見えるかもしれませんが、背広を着ると凄味のある極道といった趣です。くわばら、くわばら。

今日で、上流のインター線斜面部の桜の下草刈りは、全部、完了です。

作業が済んで堤防に行くと山下さんが、モーツアルトの剪定をしていました。
秋になれば、佐藤さんが剪定をしますと言っていましたが、山下さんは、気になるらしく、剪定鋏で、枝を切りそろえていました。

武田さんと夕刊デイリーの奴田原記者がいるので、何事か?と思いましたが、イオンの好意で、10月6日、7日、8日にコットンを販売できるようになったそうです。

それで、他県にも配布されるチラシの広告用に、コットンの取材に来たという訳です。

武田さんならではの荒業ですが、日頃の武田さんとイオン首脳陣との交流を見れば、自ずから、頷けます。武田さん、あっぱれ!と言うほかありません。











[589] 1本の白い彼岸花

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 9月20日(水)01時55分50秒 FL1-218-42-127-148.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

9月19日もいつものように8時過ぎに堤防に行きました。
すると、コットンヤードでは、雪竹さんが除草作業をしていました。

池田さんは、倉庫の横で、刈払機を3台並べて、燃料を補給しているところでした。
すぐに、神本さんもやって来て、松山橋から、上流の桜の下草刈りをすることになりました。
小生は、混合ガソリン10リットルとガソリン10リットルを買いに行きました。

小峰の水辺の公園近くのインター線の斜面では、神本さんと池田さんが桜に巻きついている蔓を除去していました。
蔓があっては、刈払機に巻きついて、思うように、草刈りができません。
小生も、剪定鋏で、蔓を切り落としました。

それにしても、前日、木村君が桜の下の排水溝の周りの草刈りをしてくれたお蔭で、スムースに前に歩いていくことが出来ました。
いつもですと、刈払機を担いで、前進するのも一苦労していたのです。

準備が終わると3人で、刈払機で、桜の下草刈りをしました。
木村君のお蔭で、作業は、順調、短時間で、予定の作業を完了しました。

堤防に行くと武田さんが来ていました。山下さんも来ていたそうです。
武田さんは、台風後のコットンのお世話をしてくれた人に,お礼だと言って、ジャンバーをプレゼントしてくれました。
今回限りだと言いましたが、「そんげ、気にせんでも、いいとに」と思いました。

神本さんが、白い彼岸花が一株、咲いていると教えてくれました。
池田さんがここに咲いていると見つけてくれましたが、非常に、目立ちますね。

9月23日には、桜による名所づくりを提案した高倉君が堤防に来る予定です。
お目当ては、彼岸花です。

台風で、倒れたものもありますが、まだ、これから、開花するものもあるので、楽しんでもらえるだろうと期待をしています。

いっぽんの まんじゅしゃげ見し しあわせに[山口誓子]








[588] 今日も堤防は、賑やかでした

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 9月19日(火)00時39分5秒 FL1-218-42-127-148.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(9月18日)は、8時前に堤防に行きました。
上流のコスモスヤードには、一台、車が止まっています。
大畑さんに違いありません。

コットンヤードでは、高城さんが支柱の紐を結び直していました。
こんなになっているとは、思わなかったと言いました。
緩んだ支柱を打ち込む必要がありますが、ハンマーは、持ってこなかったと言いました。
それで、小生のセットハンマーを貸してあげたのです。

小生は、今日は、孫の運動会があるので、10時前には、作業を止めて、イオンで行われている「武田弘子さんの友禅染の世界」と題する作品展(トートバック展)を見た後、尚学館中学校の運動場に向う予定です。

小生は、コットンの支柱の紐を結び直す作業をしました。
すると、大畑さんが、ざっと、倒れたコスモスを立て直しました、これから、帰りますと出入口に向いました。大畑さんは、早朝に作業を済ませたのでしょうね。

やがて、神本さんがやって来て、コットンの支柱の手直しを始めました。

間もなく、軽トラックで、木村君がやって来ました。
「今日は、下流の平面の草刈りをします」と言うと、刈払機を摘んで、下流に向いました。
暫くすると、池田さんがやって来て、木村君には、神本さんがやっていた上流のインター線斜面の桜の下草刈りをやるように頼んだと言いました。
そして、松山橋から、上流には、さらに桜が沢山あると言ったそうです。

池田さんは、最初は、コットンの支柱の手入れをしていましたが、松山橋の上流へ向かった木村君の作業が気になるのか、バイクに乗って、上流へ向かいました。

その時に、倉庫のところに、軽トラックがあるので、池田さんに誰のか尋ねると安藤さんの車だと言ううで、下流に向いました。
すると、安藤さんと並んで、長嶋さんもコットンの支柱の手直しをしていました。

バタフライガーデンを見ると熊坂さんがの姿がありました。
熊坂さんは、このスミレには、ツマグロヒョウモンがやって来て、食べるはずですがと言って、除草作業をしていました。

今日も、堤防は、賑やかなことです。皆さん、有難うございます。

10時前にお先に失礼とばかりに、イオンに向いました。武田さんの場所が分からずにうろうろしていると丸山次長が、こちらですと案内してくれました。
なかなか洒落た綺麗なコーナーです。
武田さんは、寝ずに掻き揚げたトートバックを販売して、収益金をコノハナロード市民応援隊に寄付するそうですから、毎度のことながら、有難いことですね。

11時頃に尚学館中学校に行きました。山下さんもお孫さんの運動会とかで、グランドのどこかにいるはずですが、見当たりませんでした。
由華さんも息子さんと娘さんがこの中学生ですから、どこかにいるはずですが、あたりを見渡しましたが、見つけることが出来ませんでした。

私の孫は、足が速くて、小学1年生の時から、ずっと、対団リレーに出ています。
対団リレーは、最後にあるので、まだ、暑い日中、我慢するのが、大変ですが、
仕方がありません。

ようやく、山下さんと遭遇しましたのが、最後の対団リレーの時でした。
中学1年生の孫が走ってくると山下さんは「早いね、余裕じゃが、背が高いね」と言いました。

山下さんは、朝から、運動会を観戦したのでしょうが、さぞ、暑かったことでしょうね。
お孫さんの為とは、言え、ご苦労さんでした。

小生も、敬老の日ながら、ひんだれた一日でした。







[587] 台風18号の足跡

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年 9月18日(月)00時58分7秒 FL1-218-42-127-148.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(9月17日)は、何時ものように8時半頃に堤防に出かけようとすると、家内から
猛反対されました。

数年前は、無視して、出かけましたが、寄る年波で、体力に自信がありません。
無理をして、人様に迷惑をかけてはいけないと自重しました。

午后4時前でしたか、香代ちゃんから、祝子川がみるみる増水して、怖いと電話がありました。
しかし、もう逃げないと言いました。近くの避難場所の集会場も香代ちゃん宅と同じ高さで、
逃げても意味がないと言いました。
何かの時に備えて、色々お世話になりましたお別れの挨拶でした。
冗談だろうと香代ちゃん宅に行き、対岸の祝子川を見ました。
凄い水位です。これほどに高水位とは、思っていませんでした。
香代ちゃんが覚悟を決めたのも合点がいきました。

午后4時頃になると西の空が明るくなり、風雨ともに弱くなりました。
4時半頃に堤防に行きました。同時に、山下さんもやって来て、バタフライガーデンの倒れかけたマリーゴールドを手直ししました。

その後、山下さんは、コットンヤードで、倒れたり、傾いたりしたコットンを起こして、根固めをしました。間もなく、やって来た野々下さんも小生もコットンの支柱の手入をしたのでした。
ざっとですが、コットンの倒れたのは、立て起こしました。

明日以降は、折れた支柱の手直しや立て替え、さらに、紐で結ぶ作業などをする必要があります。

彼岸花もかなり傾いたり、倒れたりしていましたが、自然に回復するものでしょうか?

上流のコスモスも強風で、倒れていましたが、茎が折れているものもあって、これは、
自然に回復するのは、無理だろうと思いました。

桜には、強風の影響もなくて、全部、無事で、ホッとしました。

被害の程度は、心配した程ではなくて、まあ、よかったと言うべきでしょうね。



[586] 75歳の新規開拓

投稿者: 川崎勝治 投稿日:2017年 9月16日(土)21時22分20秒 dhcp-ubr3-5826.csf.ne.jp  通報   返信・引用

       75歳の新規開拓
                         平成29年9月14日
                         川崎 勝治
少し秋めいて涼しくなりました。
人生には突然の不幸がありますね。毎日20ケース出荷していました。
8月01日より突然下請けの仕事が無くなりました。親会社より突然契約打ち切りを通告されました。20年間続けた仕事が突然無くなり、途方に暮れてます。
この歳で現場仕事はきついので、自社製品 鮮度保持袋 セラパックを販売
する事にしました。そう新規開拓です。
9月5日佐賀長崎方面へ出発したが、携帯と背広を忘れて慌てて引き返す。
同行する娘婿と落ち合い、須恵スマートインターより一路高速で佐賀方面に行きます。
鳥栖市を過ぎると猛烈な大雨、前が見えない。40キロに減速するが、見えない。
佐賀市付近で小ぶりになった。営業初日 20年ぶりの出張に緊張する。
佐賀市の次は島原市です。市街地を外れて山奥へ、ナビを信じて運転を続ける。
山奥へ 山奥へ目的地到着前にお昼の時間です。
携帯でレストランを探す。次のレストランまで1時間30分と出ました。
昼食を諦め目的の農業試験農場へ到着。
社長は豪放磊落一人でお話を続けます。小1時間いて私がお話したのは5分だけ。社長は農産物の肥料のお話ばかり。肥料の中に、枕崎のカツオの廃棄物、有明海のノリの廃棄物 広島の牡蠣ガラ等々を混ぜて独特の肥料を作り、実験農場でテストするのです。話しを聞くのに疲れました。
帰宅は8時頃でした。
妻がビックリしてどうしたの?まるでチンドンヤ。背広の上下が別々の色です。
指摘されるまで全然気が付かなかった。
背広の上を忘れ、取りに帰った時、ズボンと違う色の背広を取ったのです。
帰宅する迄、全然気が付きませんでした。
20年ぶりの営業で緊張していたのです。ヤレヤレ。
皆様にお願い。(アマゾン。鮮度保持袋。セラパック)で検索して下さい。
この検索でエスパックのセラパックを見て下さい。
迷える川崎にお力を。


レンタル掲示板
585件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.