nobeokaはげらし会



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


627件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[638] ベンベルグ工場見学会

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年11月18日(土)09時52分29秒 FL1-119-242-162-10.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

1昨日(11月16日)は、ベンベルグ工場見学会の日です。
10時に、工場正門前に集合です。香代ちゃんを連れて、20分程早く到着。
見学者用の室内に入ると数人、先着がいました。
お世話頂いている堤内さんも我々の到着を待っていました。
見学者は、市民も含めて34名の参加でした。

私の仲間は、幸ちゃん、香代ちゃん、竹村さん、財前さん、大平君夫妻、黒木(正)君夫妻
の参加でした。コノハナロードからは、安藤さんご夫妻、田中さん、山田さん、貫さん、大畑さん、川上さん、新妻さん、などの姿がありました。

私は、昨年も見学会に参加しましたが、今回、参加しての感想は、やはり、旭化成は、凄いと改めて,再認識しました。

工場見学の前に、担当者から、製造工程の説明を行けました。
そして、コットンリンターの圧縮した一塊(200kg)を見せてもらいました。
このコットンリンターを1日に40トン使用すると言うことでした。

ベンベルグは、今も、需要が多いそうで、特に、インドでは、民族衣装、サリー、中國では、フェイスますに対する需要が多いと言うことでした。

創業時代からある工場群は、風雪に耐え、歴史を刻んだ跡があり、迫力があります。
他方、見学路の目の前で、昨年以上に、増設の工事が行われていて、ダイナミックと言うか、躍動感にあふれていました。
ベンベルグは、世界で、ただ、一か所、旭化成が生産しているそうです。
オンリーワンの強みでしょうか、いまだに、増産していて、旭化成の中では、一番、古くから、続いている事業だと言うことです。

見学をする前に、挨拶をしました。その時に、工場側の都合もありますが、出来れば、8月から、10月にかけて、複数回、見学会を実施出来ればと希望を述べました。

工場見学が終わり、再び、案内室に戻り、旭化成製造の「おしぼり」で、手を拭きました。
お茶をいただいたのちに、最後は、コットンリーダーの武田さんが参加者の感想を聞いたりして、締めくくりました。

黒木(正)君は、昔は、大勢の工員さんたちがいた工程が自動化されて、誰もいないのに、驚いたようでした。

また、山下さんは、当時は、現場の職長さんまでが、コットンリンターの買い出しに海外まで出かけた、非常に苦労したと、ご自分が関わっていた工場ですから、懐旧の念、一入のようでした。

日向から参加した人は、昔、ご自分で、栽培していたそうで、敷き布団1枚、作ったとか言いました。
そして、ふわふわした綿の感触がまだ、手に残っていると懐かしそうにしていました。

香代ちゃんの話によるとあるご婦人は、夫がこの工場のこのような場所で働いていたのかと感慨深そうに、御主人を偲んでいたと言いました。

各人各様の感想を抱いた工場見学会でしたが、皆さん、有意義なひと時を過ごされたのでは、ないでしょうか?

武田さんは、やっぱり、旭化成は、凄い!と声を大きくましたが、皆さんも同じ思いだろうと思いました。

ご参加の皆さん、有難うございました。
最後になりますが、仲介の労を取っていただいた堤内さんには、感謝申し上げます。
有難うございました。





[637] パンジーとハボタンを借り植えしました

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年11月15日(水)20時52分30秒 FL1-119-242-162-10.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(11月15日)は、香代ちゃん宅に8時半に迎えに行きました。
植物園で、花苗の配布があるので、受け取りに行きました。
パンジー84本、ハボタン84本です。

堤防に10時頃でしたか、到着すると山下さんがいました。
先日、山下さんには、花苗を貰うので、何処に植えましょうか?と相談していたのです。

山下さんは、ヤマモモの木の傍の長嶋さんが手入れをしていたフジバカマヤードに仮植えをして、その後、モーツアルトの傍のフジバカマのプランターの置いてあるサークルに移植しましょうと言っていたのです。
ペンタスが枯れたら、その後に、移植しましょうとも言いました。

早速、パンジーとハボタンの苗を植え始めましたが、そのうちに、池田さんもやって来て、
4人で、植えましたから、思いの外、捗りました。

明日は、山下さんは、社会教育センターで、市民大学の行事の一環として、「アサギマダラ」について、講演をします。
その発表の資料は、パワーポイントにまとめていて、印刷したものを見ましたが、実によく
できています。
77歳の後期高齢者にしては、すこぶる上出来です。敬服するばかりです。

小生もパワーポイントで、資料をつくのですが、いかにも、初歩的で、紙芝居と言ったところです。
それで、教わりたかったので、山下さんの御好意に甘えて、香代ちゃん、池田さんもともどもご自宅を訪問したという訳です。

ま、パソコンを動かしながら、教わったのですが、分かったような気になりましたが、
実際は、さて、どうでしょうか?

時間が出来たら、トライしてみます。

明日は、ベンベルグの工場見学の日です。正門前、10時集合です。
参加する方は、お忘れなく!



[635] 恵みの雨でしたね

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年11月14日(火)15時17分23秒 FL1-119-242-162-10.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

昨日(11月13日)は、香代ちゃん宅に8時半に迎えに行き、堤防に向いました。
倉庫のところに行くと武田さんと池田さんがいました。
武田さんは、コットンヤードの菜の花の発芽状況が悪いと言うので、気になってやってきたのです。

早速、コットンヤードの菜の花の発芽のまばらなところに種を蒔きました。
香代ちゃんは、最近、指が痛いとかで、5日の種まきの日も、皆さんの指導をしたようですが、この日も種は、蒔かずに、ほかの作業をしたようです。

直ぐに種蒔は、終りましたが、気温が低下してきた状況では、発芽するかどうか?これまでの経験では、発芽は、難しいと思います。

本日(11月14日)も、菜の花の発芽状況が気になるので、10時頃に堤防に出かけました、
昨夜来の雨で、下流の菜の花畑は、全体的にグリーンベルトのように、なっていました。
恵の雨で、芽の生育が進んだのでしょうね。

上流のコットンヤードのところは、相変らず、疎らですが、多分、適宜、施肥をして、大きく育てれば、恰好がつくのでは、ないかと思いました。

平成21年の最初の菜の花の種蒔の前には、植物園の鬼塚さんも交えて、植栽についての会議をしたのですが、その時に、鬼塚さんは、植物園で、種を蒔いて、苗を育てて、移植をするなら、7000本の苗があればよいと言ったのを覚えています。

随分、少ないと思いましたが、1平方メートルあたり、5本程度と思います。
その程度の苗で、間に合えば、そう心配することは、ないと思いましたが、我々が実施している方法は、ばら撒きです。恐らく、100万粒以上の種をばら撒いています。

ばら撒きでは、植物園のように大きく育てるのは、難しいのでしょうかね?








[634] 最近の堤防の様子です

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年11月12日(日)17時31分59秒 FL1-119-242-162-10.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

11月9日
朝8時半に香代ちゃんを連れて、堤防に送り届けました。
色々、雑用があって、作業は、出来ないので、香代ちゃんには、帰るときは、自宅まで、歩いて帰ってほしいと言いました。
香代ちゃんは、勿論、そのつもりでしたが、1時間は、歩いたでしょうね。

午后1時すぎに国交省の武石主張所長から、右岸側の河川敷の草刈は、今日から、作業に入りましたと連絡がありました。予定では、来週からと聞いていましたが、早くなったようです。
草刈りの後、砂利を入れて、敷き固める作業に入ると思います。
左岸側のイベント会場のようになれば、雨が降っても、大丈夫です。

時々、駐車場として利用している我々も、草刈りをする必要もなくなり、大助かりです。

午後2時頃、町に出るとき、五ヶ瀬大橋を通過すると出入口の花壇で、6人ほどの人たちが作業をしていました。
由華さん達は、11月25日に花壇にパンジーを1000ポット、植えます。
その準備作業をしているのです。小型の耕運機も動いていました。

11月10日
9時頃、堤防に行くと山下さんがバタフライガーデンで、何時ものように花々の手入をしていました。傍らに、池田さんがいましたが、取りあえず、堤防に来たと言う感じでした。

小生も特に、作業の予定は、なかったのですが、菜の花の発芽状況を観察に来たのです。
池田さんと二人で、上流の菜の花の発芽状況を見て回りましたが、コットンを栽培していた、ヤードの発芽状況が、悪いので、心配です。
種を蒔く前から、このヤードは、何故か、落ちた種の発芽も悪く、池田さんと何故だろうと話していたのです。
下流は、改めて、種蒔をする必要は、ないだろうと思われるくらいに発芽していたのです。

11月11日
9時過ぎに堤防に行きました。
出入口の花壇のシレネに水やりをするのと上流のコットンの菜の花畑の発芽状況を観察するためです。

やはり、コットンヤードだったところの発芽状況は、悪いですね。
山下さんは、種を蒔けば、まだ、間に合うでしょうと言いましたが、私の経験から、この時期になると、気温の関係で、発芽率は、低下します。

今、発芽している芽を適宜、施肥して、大切に育てながら、移植などして、補完することになりますが、かなり、広範囲ですから、かなりの作業量になります。

コットンの連作の影響でしょうか?取りあえず、13日(月)の朝、駄目もとで、香代ちゃんと種を蒔いてみます。午後から、雨の予報が出ています。

自然相手の仕事は、気まぐれで、気苦労が絶えませんね。

ところで、右岸側の河川敷の花エリヤのところの砂利を敷いて、締め固めるヤードは、今までのヤードの約50m下流まで拡張するようです。
かなり広くなりますね。工事の看板には、洪水の安全対策のために補修工事を行いますと書いてありました。なるほど、そのような名目でやるのですね。

今日(11月12日)
山下さんから、紹介のあったMRTテレビの安本昆虫博士の「昆虫に情熱」と言う番組を見てから、堤防に出かけました。
シレネを見ると生き生きしていて、明日は、雨になるので、水やりは、必要ないと思いました。その後、上流の菜の花の発芽状況をみましたが、やはり、いまいちです。

明日は、予定通り、香代ちゃんと種を蒔くことにします。うまく発芽するといいのですが。











[633] 本日は、恵みの雨になりました

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年11月 8日(水)21時05分11秒 FL1-119-242-162-10.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

昨日(11月7日)、9時頃に堤防に行くと池田さんが倉庫の整理をしていました。
小生は、出入り口の花壇のシレネに水やりを済ますと、池田さんを手伝いました。
お昼前に、一応、全部、片付けが完了。

午後は、3時前にJAが自走式草刈を持ってきたので、立ち会いました。
故障は、土埃の吸いこみが原因で、エンジンの中まで、埃が混入していたそうです。
かなり、土を切っていためで、しかも、乾燥していたために、フイルターは、泥だらけだったそうです。

今後は、刈高を高くして、草を切るようにしてほしい。
そして、適宜、フイルターの掃除をやってほしいと言うことでした。
便利がいいので、つい、無理をして、使っていたのだと思います。

今朝(11月8日)は、早朝から、雨が降り続きました。菜の花には、これ以上はない、恵みの雨となりました。

忙しさにかまけて、コノハナロード市民応援隊の会計の状態を確認していませんでしたが、午後3時に市役所の市民公開のロビーに野々下さん、会計の田中さんに集まってもらいました。

その話し合いの中で、アサギマダラ道の駅を成功させたいので、今年度中に、それなりに予算を組んで、手当てをしたいと言いました。
野々下さんも勿論、賛成で、自伐型林業研修会で、出てくる木材を使って土止めをし、フジバカマヤードを作りましょうと言いました。

水捌けを考慮して底部に砂利を敷いて、その上に購入した腐葉土を盛りましょうと言いました。

なるほど、これなら、きっと成功するだろうと思いました。






[632] 山下さんの「アサギマダラ」の講演について

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年11月 6日(月)16時36分24秒 FL1-119-242-162-10.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(11月6日)は、香代ちゃんを連れて、9時前に堤防に行きました。
昨日、菜の花の種蒔が終わって、ホッとしています。

明後日には、雨の予報が出ていて、発芽にとっては、グッドタイミングです。

今日は、特に急ぎの作業はないのですが、出入り口の花壇のシレネに水やりをしようと思ったのと、来年、1月に実施する桜の活性化作業についてのプランを足で調べて、纏めようと思ったのです。

香代ちゃんは、倉庫の少し上流のフェンス沿いの彼岸花周辺の除草作業をしました。

暫くすると池田さんがやって来ました。
倉庫の横で、砥石で、草刈り鎌など数本を研いでいたので、感心しました。
暇になったので、道具の手入をして、次の作業に備えているのです。

間もなく、山下さんがやって来ました。バタフライガーデンで水やり等されたようです。
昨日の作業で、一番、頑張った池田さん、神本さんは、山下さんの奥さん手づくりのお菓子を食べる時間もありませんでした。
それで、改めて、持参してくれたのです。
神本さんは、残念ですが、今日は、所用で、作業は、お休みです。
香代ちゃんと3人で、頂きましたが、本当に美味しかったです。

ところで、山下さんは、11月16日の夕方(19時から)社会教育センターで、市民大学の行事の一環として、「アサギマダラ」について、講演をします。
その資料を見せてもらいましたが、実によくできているので、皆さんにも是非、聞いていただきたいと思いました。
昨年の春から、フジバカマほかの多くの蝶の食草などを栽培しています。
また、宮崎大学の木花フィールド、鰐塚山、日南、蒲江までも足を延ばしたアサギマダラ紀行は、研究熱心のなせる業でしょうが、その研究成果をもとに、来年こそは、成功させてほしいですね。小生も,応援します。

ちなみに、桜の活性化作業ですが、倉庫の少し下流の桜から、上流の水門のところまでの桜、28本が対象です。
順調に生育していている8本については、活性化の作業は、必要ないと思います。

活性化作業が必要な桜は、全部で、20本、内訳は、新たに若木を購入して、植樹するものが2本、掘り起こして、盛土をして植え替える桜が18本と判断しました。
この計画のもとで、今後、都市計画課と実施に向けて、話しを具体化したいと思います。





[631] 菜の花の種まきは、無事に完了

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年11月 5日(日)20時59分22秒 FL1-119-242-162-10.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(11月5日)は、香代ちゃんを連れて、8時頃に、堤防に行きました。
すると、野々下さんが、出入り口の河川敷に向う斜路の車止めを開錠しているところでした。

野々下さんは、河川敷の駐車場に向いましたが、我々は、そのまま、倉庫の上流へ向かいました。
昨日は、強風で、この調子では、種蒔が出来ないと心配していましたが、今朝は、風もなく、穏やかな晴天となりました。

菜の花畑に立てた番号札が風で、ところどころ、倒れたり、飛ばされていました。
昨日は,強風でしたから、かなり、倒れただろうと思っていましたが、それほどでは、ありませんでした。

8時半過ぎ頃から、三々五々、参加者が集まりだしました。
9時になると皆さんに挨拶をして、その後は、種蒔の作業手順を説明して、作業を開始しました。
種の入った封筒を一人に5袋ずつ、手渡しました。一袋の種を、10mの区画に隈なく、蒔いてもらうのですが、中には、種が足りないと言う人もいました。

作業のスタート時は、20人くらいの参加者だったと思います。
ところが、10時頃には、30人ほどの参加者になっていました。

種蒔は、10時半頃には、終ったと思いますが、熊手で軽く土を被せる作業や散水作業は、かなりの時間を要しました。

作業がひと段落したので、ヤマモモの木の下で、皆さん、団欒のひと時を楽しみました。
武田さん差し入れの、お握りと蜜柑、田中さんは、昨日に続いて、赤飯のお握り、大間さんの例のソウメンの寿司?など、珍味をいただいて、美味しかったですね。

我々の団欒の間も、下流は、池田さんと木村君のコンビが、キャリーに水タンクを積んで、エンジンポンプで、散水しました。

上流は、神本さんが、一人で、水道ホースを使って、散水しましたが、散水組の作業が終わったのは、11時半過ぎだったでしょうか?

赤阪さんは、菜の花畑の区画のために立てた全ての竹を引き抜いてくれました。

小生は、大間さんに、しばらくは、出入口の花壇に植えたシレネの水やりは、毎日、やった方が良いと言われたので、念入りに散水しました。

神本さん、池田さん、木村君、赤坂さん、香代ちゃんと堤防を後にしたのは、12時頃だったと思います。

天も味方しての、種蒔は、無事に完了しました。参加の皆さん、有難うございました。
1週間後の発芽が楽しみです。

尚、種蒔に参加された人は、概略以下の人たちだったと思います。

神本さん、池田さん、野々下さん、山下さん、木村君、田口さん、長嶋さん、山崎さん、
川原さん、赤坂さん、喜読君夫妻、黒木(正)君、大平君、大間君夫妻、財前さん、竹村さん、幸ちゃん、香代ちゃん、武田さん夫妻、藤島さん、田中さん、山田さん、松田・・・・
そのほかに会員の方ですが、お名前の分からない人が2名~3名(男性)いました。







[630] 種蒔きの準備は、万端?

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年11月 4日(土)19時39分31秒 FL1-119-242-162-10.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(11月4日)は、香代ちゃんを8時に車に乗せると堤防に向いました。
到着後は、早速、菜の花畑を10mごとに区画するために竹の支柱を立てて行きました。
巻き尺で、距離を測り、竹の支柱を立てて行きます。

間もなく、神本さん、池田さんに続いて、田中さんがやって来ました。
田中さんは、今日が種まきの日だと勘違いしたと言うことでした。
お握りを作り、柿をむいて来たそうで、がっかり!の表情でしたが、思い直したような表情で、お握りは、今日、皆さんで、食べましょうと。

田中さんには、番号札に割り箸を突き刺して、もらいました。
同じころにやって来た赤坂さんには、その番号札を10mごとに区画した場所に順番に立ててもらいました。

何時ものように、バタフライガーデンにやって来た山下さんは、花々の手入です。
神本さんは、完成した出入口のベンチストッカーに水道ホースを格納したりしました。

後は、皆さんで、エンジンポンプにエンジンオイルや燃料を給油して、試運転、さらに、キャリーに水タンクを載せて、散水の準備をしました。

それらの準備作業が済むと、ヤマモモ木の下で、休憩タイム。
新米のお握りは、美味でした。梅の按配も絶妙で、小生は、3個頂きました。
山下さんが、こんな野外で、皆さんと頂くのですから、格別ですと言いましたが、本当に、その通りです。

皆さんが、帰った後、香代ちゃんを連れて家に届けると再び、堤防にUターン。

不陸があって、気になっていたところを小型耕運機で耕しました。
その後は、30区画ほど広くなっているところがあるので、菜の花の種を10gほど増量しました。

そして、帰ろうと出入口に差し掛かると昨日、植えたシレネに水をやるのを忘れていたことに気が付きました。

完成したベンチストッカーから、50mの水道ホースを引っ張り出して、散水しました。
全ての作業が終わったのが、午後2時半でした。やれやれでしたが、途中、同級生の竹村さんが、ひょっこり、やって来て、頑張るわねと声を掛けてくれました。
明日の種蒔は、参加します、黒木さんも来るそうよと言いました。

同期の大平君、喜読君も参加だと言うし、財前さんも参加だそうで、これだけ、ベテラン?が揃えば、大丈夫だろうと安心したのでした。

それにしても、今日は、強風でした。これだけ、風が強ければ、種蒔は、実施、不可能だろうと思いましたが、予報を見るとやや弱まるようです。

何とか、無事に実施出来ますように!












[629] シレネ(桜木草)を植えました

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年11月 4日(土)05時49分1秒 FL1-119-242-162-10.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

昨日(11月3日)は、8時半頃に堤防に行きました。
神本さんは、出入り口のベンチストッカーの完成に向けての作業に取りかかりました。

間もなく、池田さんがやってきたので、下三輪の会員の甲斐ツヤ子さんの畑に花苗を貰いに行きましょうと声を掛けました。

先日、甲斐さんから、花の苗をあげますと電話がありましたが、彼女も忙しくて、話しが中断していたのです。

シレネイ、キンギョウソウ、ハナビシソウの苗があるので、必要なら、どうぞと声を掛けてくれたのです。

ただ、出入り口の花壇に植える場所があるかどうか?大間さんに確認するとシレネイは、綺麗な花です。植える余地はあると言うので、もらいにいきました。

教えられた場所に行くと甲斐さんが、花苗をスコップで、掘り起こしていました。
1cm~3cm位の小さな苗です。段ボールの箱に入れました。

早速、出入り口の花壇に植えることにしました。
植え終り、水やりを済ませて、倉庫に道具をいれて、帰りがけに、神本さんがやっているベンチストッカーの進行具合を見に行きました。山下さんがいました。
今日は、東海海岸に行ってきたそうです。
アサギマダラが30頭ほどナギナタ草の周りに群をなしていたそうで、その数株を掘り起こして採取して来たので、これから、バタフライガーデンに植えると言いました。

神本さんは、ブロックの継ぎ目にコンクリートを詰め終り、作業は、完了したようです。
これで、台風が来ても、ベンチストッカーが飛ばされることはないでしょう。

12時過ぎに堤防を後にしました。

小生は、午前中、トラクターの作業が出来なかったので、帰宅後、昼食を取り、しばらく休憩して、午後2時から、トラクターに乗りました。
菜の花畑全線のトラクター作業が終わったのが、5時頃でした。

帰るころには、うす暗くなって、ライトを点灯しなければなりませんでした。

今朝(11月4日)は、8時に香代ちゃんを堤防に連れていきます。
菜の花畑、全線を10mごとに区画して、番号札を立てます。
種蒔の準備です。










[628] コノハナ東広場(出入口)の菜の花の種まき完了

投稿者: 松田庄司 投稿日:2017年11月 2日(木)20時51分3秒 FL1-119-242-162-10.myz.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

今朝(11月2日)は、8時半過ぎに堤防に行きました。
出入口では、赤坂さんがいつものように、草むしりをしていました。

倉庫に向かう途中、バタフライガーデンで、藁の敷き込み作業をしている熊坂さんに会いました。
気温は、低いのですが、鍬で、土を掘り起こす作業ですから、汗ばむほど暑かったと思います。
「ぼつぼつ、やります」と鍬を打ち下ろしていました。

倉庫のところでは、神本さんが、なにやら図面らしき紙を見ながら、ベンチストッカーの
設置方法について、思案中のようでした。
ベンチストッカーが強風で、飛ばされないように、上部から押さえることにしたと言いました。
今日は、ボルトを地中に埋め込んで、セメント固めるようです。
いつの間にか池田さんがやって来て、どうやら、出入り口で、草むしりをしたようでした。

コノハナ東広場では、今日は、由華さんの企画で、障害者の皆さんに菜の花の種を蒔いてもらうことになっています。
11時からだそうですから、小生は、それまで、河川敷の駐車場の草刈りをすることにしました。

10時半過ぎに出入口の広場に行くと障害者の方5人とその付添いの介護の人2名、それから、大間さん、佐藤さんが勢ぞろいしていました。山下さんの姿もありましたが、フジバカマに水やり等されたようです。

由華さんは、障害者の皆さんに延岡花物語の河津桜の由来などについて説明をしました。
小生は、この菜の花は、菜種油を取ったり、食用にするものではなく、観賞用の綺麗な菜の花だと説明しました。
種蒔は、時間をかけて、丁寧にやってほしいとお願いをしましたが、皆さん、素直に、その通り、やってくれました。
多分、上手く、いったと思います。

1週間ほどで、発芽するので、時々は、生育状態を見に来て欲しいですね。

種蒔が終わった頃、野々下さんが軽トラでやってきて、上流へ向かいました。
出口から出て行く時に、助手席に神本さんがいたのですが、ベンチストッカーを固定するために、ブロックが必要なので、中島倉庫?に取に行くと言うことでした。

倉庫の片付けもしますと神本さんは、小声で、言いました。
多分、野々下さんに強制連行されたのかも知れませんね?

お昼頃には、気温も高く、汗ばみました。
由華さん、大間さん、佐藤さん達、優しい人たちに見守られて、種蒔をした施設の皆さんも
楽しい時間を過ごされたと思います。

開花するのが待ち遠しいですね!


レンタル掲示板
627件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.