俳句「梔子句会」~妙音広場~

この掲示板は俳句専用の掲示板です。「梔子句会」のメンバーはもとより、俳句に興味のある方の参加をお待ちしています。



カテゴリ:[ 短歌/川柳/俳句 ]


194件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。


[201] Re: 心に残った俳句…

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 7月17日(火)21時15分11秒   通報   返信・引用 > No.198[元記事へ]

 あまずみさん、皆さんこんばんは

 あまずみさん!選句ありがとうございます。きっと皆さん喜んでおられると思います。

 そして、添削ありがとうございます。

                                 望生

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301




[200] Re: 恥ずかしながら自句自解

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 7月17日(火)21時11分22秒   通報   返信・引用 > No.197[元記事へ]

 泥亀さん、皆さんこんばんは

 泥亀さん!自句自解ありがとうございます。

 結局、泥亀さんの3句を選していました。どの句も情景が浮かんで良いと思いました。
特に、青島の鬼の洗濯夕焼けぬ~は、夕焼けとの取合せ、時間の流れや、景の広さが実に
上手く表現できていると思いました。ありがとうございます。

 8月は、毎年のことながら、梔子句会は「休会」です。9月からは、会場の確保が難し
くなったこともあり、「第三日曜日」⇒「第一日曜日」に変更することとしました。

 ですから、次回は「9月2日(第一日曜日)」に開催をする予定です。遠いところでは
ありますが、またお気軽にご参加いただければ皆さん大変喜ばれることと思います。今後
ともどうぞよろしくお願い致します。

                                     望生

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[199] Re: 速報ありがとうございます

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 7月17日(火)20時57分59秒   通報   返信・引用 > No.196[元記事へ]

  yoshikoさん、皆さんこんばんは

  yoshiko!選句ありがとうございます。良い句選句されますね。


 1.縁台と将棋の盤とステテコと
      ↓
   縁台将棋は懐かしいですよね。今も時々見かけますね。この句は、・・と・・と・・と~
  の調子の句ですね。上手く詠っていますが、並列に詠うのなら、上五はもう少し飛んでほし
  かったと・・・。そんなことを思って私は選句できませんでした。この句はちゃんとできて
  いますね。良いと思います。


 4.七年とわずか七日の蝉しぐれ
      ↓
   この句も面白いですね。なんか蝉の説明の様に思って私は選句できませんでした。あまず
  みさんも選されてましたね。選句ミスをしたかもです。良いと思います。


  19.黙の列背番号染めし大西日
      ↓
   今見ると良いですね。よく分かる句ですが、私は上五の「黙の列」に引っ掛かり選できま
  せんでした。良い措辞が浮かびませんが、推敲するとよくなる気がします。


  23.よく喋り笑いの渦に新茶飲む
      ↓
   上五を、よく喋る~と終止形にして切れを入れると取ったかもです。


   32.へそまがりのきゅうりぶつぎりいろはにと
      ↓
   この句は、ひらがなばかりで面白い句ですね。下五は「いろはにと」ではなく「いろはに
  ほ」だったらたぶん選したと思います。「・・・・と」では説明っぽいからです。


   美代子さんの句・「子育てのあの日あの時浮いてこい」は星座で拝見してよく覚えていま
 す。でも何方のお句かは忘れていました。
      ↓
  そうだったんですか・・・。季語がよく働いていると思いました。


  よく、選句して下さいました。ありがとうございます。          望生

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[198] 心に残った俳句…

投稿者: あまずみ 投稿日:2018年 7月17日(火)13時51分17秒   通報   返信・引用

今回の俳句の中で、いいなぁって思った俳句は
七年とわずか七日の蝉しぐれ……
尺取りに歩調でよろし残る世は……

初蝉や名前聞きたき人のあり…も良かったので
すが~~ 初蝉やうわさ聴きたき人のあり…と
すればもっといいなぁ…?
鰯雲北へ北へと平穏に……は、平穏の所を変えて
鰯雲北へ北へとゆるやかに…ぐらいに抑えていた
ら、いい句になると思います。
夏の果て想い出一つ包み込む…も、いいですが
想い出をひとつ秘めたる晩夏かな…のようにす
る手もあります。    参考までにしてください。



[197] 恥ずかしながら自句自解

投稿者: 泥亀 投稿日:2018年 7月16日(月)10時18分17秒   通報   返信・引用

青島の鬼の洗濯夕焼けぬ
周囲1、5キロメートルの小さな島・青島。
古くは聖なる島として、普段は青島神社の神職しか入島できなかったが、現在は弥生橋を渡って参拝できる。
近づくほどに驚かされるのが「鬼の洗濯板」と呼ばれる奇岩を成す景観。
波の浸食と隆起によって生み出される「青島の隆起海床と奇形波蝕痕」と国の天然記念物に指定されている。
西の空が真っ赤になりやがて黄金色に伸びてゆく「鬼の洗濯板」は雄大であり古代にいざなってくれる。

夏祭傀儡に交じる白拍子
祇王寺は奥嵯峨にある真言宗の尼寺である。山号は高松山と称し、もとは法然上人の弟子・良鎮によって創始された往生院である。
京の夏祭り代表は祇園祭は町衆の気概を示すものであるがこちら祇王寺の祭りは女性ならの祭りである。
なお、傀儡女も白拍子同じ立場の人である。
祇王寺の祭りの優しさを描写している。

滴りの天衣無縫の虚空かな

岩陰から湧き出る清水は、夏の盛りのワンダーフォーゲル等の岳人や山仕事をする人にとってまさしく命の水である。
滴りには技巧を凝らした跡がなく限りなく美しい。
滴りの上を見渡せば雲一つない青空がどこまでも続いている。
そこには一切の事物を包容した嘘偽りのない滴りの存在を描写している。

以上。

梔子句会の皆さん、今後とも宜しくお願いします。














[196] 速報ありがとうございます

投稿者: yoshiko 投稿日:2018年 7月15日(日)21時45分56秒   通報   返信・引用

望生さん、梔子句会の皆さま暑い中お疲れさまでした。
後だしじゃんけんですが、選句させてください。

 1.縁台と将棋の盤とステテコと

 4.七年とわずか七日の蝉しぐれ

19.黙の列背番号染めし大西日 高校野球の地区予選、毎日あちらこちらでこんな光景かも・・・
                震える背中の背番号を夕焼けが、青春ドラマですね。

23.よく喋り笑いの渦に新茶飲む

32.へそまがりのきゅうりぶつぎりいろはにと

美代子さんの句・「子育てのあの日あの時浮いてこい」は星座で拝見してよく覚えています。
でも何方のお句かは忘れていました。

私の拙い句を選句していただきありがとうございました。



[195] 梔子句会の結果(7月)について

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 7月15日(日)20時28分17秒   通報   返信・引用   編集済

 皆さんこんばんは。参加された皆様お疲れ様でした。7月の梔子句会は、8名の
参加と欠席投句6名の14名でした。それでは結果を速報します。

(1)特別参加者(泥亀さん)の俳句(欠席投句)

   青島の鬼の洗濯夕焼けぬ          3点(特1)
   夏祭傀儡に混じる白拍子          2点
   滴りの天衣無縫の虚空かな         1点

(2)特別参加者(美代子さん)の俳句

   子育てのあの日あの時浮いてこい      4点
   身の丈に合ひし幸せ青簾          2点
   尺蠖の歩調でよろし残る世は        3点(特1)

(3)望生の俳句

   幾たびも叩かる西瓜叩き買ふ        5点(特1)
   すぐ傍に寄りくる山や盆帰省        0点
   迫りくる出水にダッシュまたダッシュ    0点

(4)参加者の俳句

 1.縁台と将棋の盤とステテコと        3点
 2.緑陰に腰を据えたり婆二人         0点
 3.鵲橋の時空も越えぬ逢瀬かな        1点(特1)
 4.七年とわずか七日の蝉しぐれ        3点(特2)
 5.風涼し切替えもまた涼し今朝        0点
 6.朝顔はきらわれ男の窓辺にも        1点
 7.青田風逸る気持を静めたり         0点
 8.ひと時の眼に染む青田やすらぎぬ      0点
 9.鰯雲北へ北へと平穏に           0点
10.虹立てり秘境にひとり婆の意地       1点(特1)
11.海開漁夫の大声守り隊           1点
12.夫婦喧嘩も宵の口まで蚊遣香        2点(特1)
13.ここだけの話零るる枇杷の種        2点
14.扇風機抱きアアワレワレハウチュウジン   0点
15.植た苗棚田にそよぐ風涼し         1点
16.初蝉や名前聞きたき人のあり        0点
17.飛行機が掬つていくや雲の峰        1点
18.緑陰や九回の裏ツーアウト         0点
19.黙の列背番号染めし大西日         2点
20.待った雨西瓜笑ってすまし顔        0点
21.油蝉久しや何故か心地良く         0点
22.花火待つベンチの二人ハート色       1点
23.よく喋り笑いの渦に新茶飲む        3点
24.海の日の息止め挑む洗面器         1点
25.片陰や背にほの字を滲ませて        2点
26.咲くむくげ萎む木槿のひと日かな      1点
27.あじさいや貴婦人姿舞踏会         0点
28.青田道駆ければ青春蘇り          3点
29.雲の峰目指し靴紐締め直し         1点
30.匙咥え頭抱えしかき氷           2点
31.夏の果て想い出一つ包み込む        3点
32.へそまがりのきゅうりぶつぎりいろはにと  2点
33.若き日の水着忍ばせ旅支度         5点(特1)

(5)望生の選句

   青島の鬼の洗濯夕焼けぬ          3点(望生:特)
   夏祭傀儡に混じる白拍子          2点
   滴りの天衣無縫の虚空かな         1点
   子育てのあの日あの時浮いてこい      4点
   尺蠖の歩調でよろし残る世は        3点(特1)
12.夫婦喧嘩も宵の口まで蚊遣香        2点(望生:特)
13.ここだけの話零るる枇杷の種        2点
24.海の日の息止め挑む洗面器         1点
26.咲くむくげ萎む木槿のひと日かな      1点
28.青田道駆ければ青春蘇り          3点
33.若き日の水着忍ばせ旅支度         5点(特1)

(6)特別参加者(美代子さん)の選句

   幾たびも叩かる西瓜叩き買ふ        5点(特1)
13.ここだけの話零るる枇杷の種        2点
17.飛行機が掬つていくや雲の峰        1点
23.よく喋り笑いの渦に新茶飲む        3点
25.片陰や背にほの字を滲ませて        2点
28.青田道駆ければ青春蘇り          3点
31.夏の果て想い出一つ包み込む        3点
33.若き日の水着忍ばせ旅支度         5点(特1)

(7)その他

   次回は、9月2日(第一日曜日)です。多くの方の参加をお待ちして
  います。 俳句の鑑賞や添削等は時間のある時アップします。

 ◇.参 考
   ①選句方法:7句選、内1句を特選とする。
   ②参加者数:8名 欠席投句:6名
            14名×3句=42句

   以上                          (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[194] 梔子句会投句します

投稿者: 泥亀 投稿日:2018年 7月13日(金)18時36分40秒   通報   返信・引用

欠席投句します。
滴りの天衣無縫の虚空かな
夏祭傀儡に交じる白拍子
青島の鬼の洗濯夕焼けぬ

望生さん、宜しくお願いします。
          泥亀 拝。



[193] 季語をたずねて

投稿者: 泥亀 投稿日:2018年 7月 8日(日)18時55分21秒   通報   返信・引用

望星さんん、季語をたずねて投句します。
宜しくお願いします。

海一途に網を繕ふ鰯雲
鰯雲ゲーテの悩み蘇る
              泥亀 拝。



[191] ご無沙汰しています。

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 6月24日(日)20時44分55秒   通報   返信・引用   編集済

 yoshikoさん、梔子句会のみなさん、こんばんは

 yoshikoさん!コメントが遅くなってすみません。結果が届いた
様でよかったです。このページで遅まきながら俳句鑑賞などを書い
ているので、コピーは必要ないかもしれませんが、どなたの俳句か
分からないだろうと思い、私の資料をそのままコピーしてお送りし
ています。本来なら、お一人お一人コメントした方が良いのでしょ
うが・・・。なにせ時間が取れなくて申し訳ありません。

 今日は、我が結社の俳句会をさぼり、夏井いつきさんの句会ライ
ブに参加して来ました。昨日は、近鉄奈良駅前で「組長のトーク&
サイン会」があったそうです。今日は堺市まで・・・。私の住んで
いるとても近いところで句会ライブがありました。折角なのでご挨
拶でもと思ったのですが、タイトなスケジュールなので・・・と、
スタッフに断れましたが、俳句を詠みあげて頂き手を振っていただ
けました。こんな小さな町までせっせとご活躍されているのだ改め
て感心したところです。

 ご一緒したHさんも入選され読み上げられました。ほんと良かっ
と思っています。残念ながら七句選には漏れましたが・・・。近く
に、俳句ポストに参加されている方もおられて、目でご挨拶させて
頂きました。こんな小さな町に500名も・・・。驚きました。

 俳句鑑賞はまた時間のある時に・・・・。      (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[190] 梔子句会の結果ありがとうございます

投稿者: yoshiko 投稿日:2018年 6月20日(水)21時47分18秒   通報   返信・引用

望生さん、こんばんは。

夕方に句会の結果の封書が届きました。いつもありがとうございます。

あまずみさん、先日はきれの入れ方をありがとうございました。
きれとか助詞の使い方など難しいですね。

掲示板で皆さんの句を拝見してて、この句はあの人かな、
この句はきっとあの方だななんて思いながら拝見していました。

蛍狩りで田んぼ道に車を停めてハザードランプを点けると蛍が飛ん
できます。ハザードランプの句は、恋の相手と思い急いで飛んで
きた雌蛍のことを詠ってみました。

今年はいつもの年より蛍が多くて見物人も何人かありました。
☆暗闇に挨拶交わす蛍狩り☆

恥ずかしながら自分では二重丸でしたが自我自讃でした(@Д@;
こちらの町の句会の先生曰く「自分で惚れた自分の句はあかん」と
言われています、自分の句に惚れたつもりもないんですけど・・・


写真は子供の手の中の蛍と,今年生まれたカエルたちです。



[189] 俳句鑑賞(3)

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 6月20日(水)19時56分10秒   通報   返信・引用   編集済

 皆さんこんばんは

 今夜は、俳句鑑賞(2)で取り上げなかった得点の少ない句を鑑
賞します。

 2.ハザードランプに恋して来たる姫ほたる   0点
      ↓
  俳句はできていますね。得点して良かったように思います。敢
 えて言うとすれば、ハザードランプに~の「に」ではなかったと
 思います。この「に」を取って二句一章にすると句意が広がり、
 調べも良くなります。
      ↓
 ※.ハザードランプ恋して来たる姫ほたる

 8.夏鶯や山に入りて山を出る         0点
      ↓
  この句はできていますね。夏鶯~との二句一章、心象的に取れ
 ばいいですね。俳句的には上五を工夫しても良かったかもです。
 いろいろ推敲してみて下さい。
      ↓
  ※.夏うぐいす山に入りて山を出る
  ※.老鶯や山に入りて山を出る
      ↓
  写生的に詠うのであれば、山に入りて~は省略しても十分かも
 です。例えば・・・。
     ↓
  ※.夏うぐいす躓きながら山を出る
  ※.老鶯の高き一声山をでる
  ※.老鶯や古き丸太に腰掛けて

16.我帰るもがく蚯蚓の叫びかな        0点
      ↓
  干乾び寸前の蚯蚓を見て、助けを求めている様に感じたのです
 ね。面白いです。悪くは無いと思います。上五は、帰りを待って
 いる蚯蚓の方が良かったかもです。
     ↓
  ※.帰り待つもがく蚯蚓の叫びかな

22.暗き山誰の情けか虹に橋          0点
        ↓
  少し意味が伝わりにくいですね。中七の誰の情けか~はちょっ
 と無理があったかもです。例句を参考に推敲してください。
       ↓
  ※.野獣めく虹の麓の暗き山    麓(ふもと)

24.麦笛の松風に乗り吾れを呼ぶ        0点
      ↓
  この句はこれでも一句ですが、松風に乗り~は、風~で十分で
 す。この音数を使って句意を広げる工夫をした方が良かったかも
 です。七・五・五調子になりますが、呼び~をリフレインさせて
 みるのも良いかもです。
      ↓
  ※.麦笛の風過去を呼びわれを呼び

28.梅雨晴間白砂青松の庭光る         0点
      ↓
  美しい庭園が見えてきます。さぞかしきれいだったことでしょ
 う。俳句はできています。上五を変えてみても一句ですね。
     ↓
  ※.梅雨晴れや白砂青松の庭光る
     ↓
  上五の部分を「梅雨晴間」と言う体言切れとするなら、下五は
 余韻を残す工夫をしても良かったですね。
     ↓
  ※.梅雨晴間白砂青松の庭にいて

  今夜はこれまでとします。ご意見等があればコメントよろしく
 です。
                          (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[188] 俳句鑑賞(2)

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 6月19日(火)21時58分8秒   通報   返信・引用

 皆さんこんばんは

 今夜は気になる句を鑑賞します。

(1)季語重なりの句

 7.蜜蜂よ刈らずに置いたぞ土手あざみ     3点(特1)
      ↓
   点が沢山入りましたね。これでも一句ですが、季語は一つが
  基本です。蜜蜂と薊の句に分けて詠っても良かったですね。い
  ろいろ詠えそうです。薊は、夏薊~とすれば夏の季語になりま
  すよ。もう一点、中八は解消したいところです。例句を参考に
  推敲して下さい。
      ↓
 ※.蜜蜂よ刈らずの蜜ぞさあ喰らえ
 ※.蜜蜂よ刈らずのままだ飛んで来い

15.梅雨ぐもり神社の池に蟾の声        0点
      ↓
  梅雨と蟾の季語重なりです。上五を変えると季語重なりが解
 消できそうです。例句を参考に推敲して下さい。
      ↓
  ※.夕暮れて神社に蟾の太き声
  ※.無我の境破り神社に蟾の声

33.梅雨晴れや棚田百選雉が鳴く        0点
      ↓
  梅雨晴れと雉の季語重なりです。梅雨晴れや~と強く切った
 ので、強弱で考えると、雉は無季扱いしても良いのですが、季
 重なりを意識して詠ったか否かです。初心の内は、季語は一つ
 を徹底した方が成功しやすいです。それと、この句は三段に切
 れています。例句を参考に推敲して下さい。
      ↓
  ※.梅雨晴れの棚田百選まのあたり
  ※.梅雨晴れの棚田百選巡りけり

(2)三段切れの句

  季語重なりの中でも書きましたが、三つの句から成る句は、
 三段切れの句と言います。助詞などで一か所繋ぐことです。

 9.高齢化初物きゅうり二等分         0点
      ↓
  句意はよくわかります。この句は体言で三つの句に分かれ
 ています。上五は繋いだ方が良いです。
      ↓
 ※.年寄せて初物きゅうり二等分

23.よひら咲く四阿ふえの音幽玄        0点
      ↓
  言いたいことがいっぱいあるようですね。でも、句が切れ
 切れです。よひら咲く/四阿/ふえの音/幽玄、4か所に切
 れています。詰め込み過ぎです。四葩と言えば咲くは省略で
 きます。四阿~と言う場所を言いたいのでしょうか?俳句は
 場所は言わなくても読者が補完してくれます。省略したいと
 ころです。また、幽玄~も余分です。添削したいのですが、
 何を感じたか、何が言いたいかがいまいち伝わらないので添
 削は苦しいです。ご自身で何句かに分けて感じたことか、日
 記の様に残したいことを具体的に詠ってみてはどうでしょう
 か。

(3)破調の句

 3.黄金虫嘘泣きしてやろうか         0点
     ↓
  面白い発想の句、わざわざ破調にされたのだと思います。
 これでも十分ですが、あまずみさんが添削された様にする手
 もあったかもです。私は、わざとリズムを崩した点は評価し
 たいです。
     ↓
 ※.黄金虫ちょっと嘘泣きしてやろか
     ↓
  私だったら、天道虫騙し~と言う季語を使って詠ってみた
 いような・・・。(てんとうむしだまし)
     ↓
 ※.天道虫騙しか嘘泣きしてやろか

  今夜はこれまでとします。ご意見などあればここに書き込
 みよろしくです。
                        (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[187] 俳句鑑賞(1)

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 6月18日(月)20時40分43秒   通報   返信・引用   編集済

 皆さんこんばんは、今朝は大きな地震がありましたね。会社に
出勤して間もなくの時間でした。後5分遅いとエレベーターに閉
じ込められたかも・・・。自宅のことが心配で、交通機関の動く
のを待ってそうそう帰って来ました。

 yoshikoさん!書き込みありがとうございました。実は、この
ページはどなたも書き込みが無くて、せっせと書いても寂しいも
のでした。つい書き込みも後回しになって・・・・。でも、こう
して書いて頂けると、双方向の楽しみが出てきて、鑑賞も楽しく
なります。

 そうそう、「棟上げの掛矢の響き梅雨晴間」この句は、確か特
選に頂いた句だと思います。句会の席で、Aさんと、Bさんとが
大工仕事の感想を話されました。それはとても面白い話でしたよ。
結構この句で盛り上がりました。棟上げの様子がリアルに浮かん
できます。Aさんは、両端で叩く音が聞こえてくると・・・。B
さんは、叩くような大工仕事は二流とか・・・・。盛り上がりま
した。この句はどこに出しても恥ずかしくない句ですよ。特選中
の特選かな?良かったです。

 あまずみさん!ようこそです。梔子句会のメンバーは、何もこ
こに反応されませんが、あまずみさんや泥亀さんの選句を楽しみ
されています。今回はとても喜んでおられると思います。

 皆さん!このページを見られましたら何でもいいですからコメ
ントしていただくと書き込みに励みが出ます。キャッチボールし
ませんか?そうした方が鑑賞もスムーズに書けると思います。皆
さんよろしくです。

 ところで、今朝は大きな地震がありましたね。皆さんのところ
には被害はなかったですか?私のところは被害もなくほっとした
ところです。今朝の地震を受けて、あるページのリレー俳句に下
記の句をアップしました。なんともない句ですが、思い出に・・・。
余震のないことを祈るばかりです。

(コピー)

 皆さんこんばんは

 今朝激しい揺れの地震がありました。今日は出勤日だったので
大阪のど真ん中まで出社していました。ビルの7階だったので激
しい揺れに驚きました。言葉に表せない驚きでした。阪神大震災
のことがすぐに過りました。突然のこと、余裕などありません。
物が倒れたりしたので一瞬固まってしまいました。激しい地震は
怖ろしいです。直ぐに自宅に電話をして家族の安全を確認しまし
た。何もなく良かったのですが、しばらく電話もかからず心配が
募りました。

 心配は募るものの、交通機関が麻痺し帰ることもできず、交通
機関の回復を待って帰って来ました。帰って自宅を点検し被害が
なかったのでほっとしたところです。まだ余震があるでしょうか
ら怖いです。明日も出社の予定です。これ以上大きな地震の無い
ことを祈るばかりです。さてこの先どうなるのでしょうね。あぁ
恐ろしい!

 それでは、前句から「夏」を頂きリレーします。地震(ない)
と読んで下さいね。

 ★固まって身動きできぬ夏の地震      望生

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[186] 句会鑑賞

投稿者: あまずみ 投稿日:2018年 6月18日(月)17時34分3秒   通報   返信・引用

梔子句会の皆さんの俳句…美代子さんや望生さん
の俳句は、さすがにいいですが、、皆さんの俳句
もいいのがありましたね~~
少し変えるといいかもなぁと思った句を揚げて
みます。このままでも悪くはありませんが…?

黄金虫?泣きしてやろうか…    面白い表現ですねぇ
少し調べやリズム感に難が有るよう思いますので
黄金虫ちょっと?泣きしてやろか… としてもいい
かなぁ~?
衣更え想い出たたむ母の指…この俳句はこのまま
で充分いいですね~~
想い出をたたむ母の手衣更…のような手もあります

結界の向こうに一つ落し文…も  切れを入れる手
があります……   結界の向こう一つの落し文

風薫る内緒話にならぬ声… いいですよね~
薫風や内緒話にならぬ声…としてもいいですね

街路樹の影くっきりと夏きざす…正統派の写生
でいいですねぇ~~   くっきり、、きざす。
きざすとは、物事がこれから起ころうとする
気配を意味していますので、、、くっきり…には
街路樹の影くっきりと夏模様…とした方がぴったり
とすると思われます。    取り急ぎ以上、、、




[185] 梔子句会の皆さま

投稿者: yoshiko 投稿日:2018年 6月18日(月)15時21分46秒   通報   返信・引用

皆さまのお住いの所で今朝の地震の被害はございませんでしたか?
阪神淡路大震災を思い出されたりされたのではないでしょうか?

私は今朝子供たちを学校に送り届けた後、校庭に沿った歩道で
災害緊急速報のテストで聞いた音を災害無線で聞きその後
「大きな地震が15秒後に???」大きな揺れまで10、9,8,7,6、とカウント
何もできません、大きな揺れってどんなのかなって思うだけでした。

児童たちは校内放送で指示があったのかその場に座っていました。
低学年の子が離れて座っていたので近づいて皆のところに座らせ帰ってきました。

昨日の俳句会「棟上げの掛矢の響き梅雨晴間」に選句ありがとうございました。
町では沢山のお家が昨年の9月の台風で床上浸水の被害に遭われ、
何軒か建て替えをされています。

そんな光景の一句です。ありがとうございました。
余震など起こらないといいですね。



[184] 梔子句会の結果(6月)について

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 6月17日(日)20時35分1秒   通報   返信・引用   編集済

 皆さんこんばんは。参加された皆様お疲れ様でした。6月の梔子句会は、8名の
参加と欠席投句5名の13名でした。それでは結果を速報します。

(1)特別参加者(美代子さん)の俳句

   いさかいも愛のひと色雲の峰        2点
   意のままに生きし反省大夕焼け       3点(特1)
   荒梅雨や消したき過去の二つ三つ      2点

(2)望生の俳句

   炎天のバックネットに子の笑顔       0点
   雪渓を飛んでこの鬱捨てようか       2点
   ほうたるほたる車椅子にも飛んでこい    2点

(3)参加者の俳句

 1.ゆらゆらとネオンの沈む植田かな      4点
 2.ハザードランプに恋して来たる姫ほたる   0点
 3.黄金虫嘘泣きしてやろうか         0点
 4.衣更え想い出たたむ母の指         4点
 5.梅雨の夜お婆はネコに子守唄        2点
 6.忍び足帽子片手に夏の蝶          1点
 7.蜜蜂よ刈らずに置いたぞ土手あざみ     3点(特1)
 8.夏鶯や山に入りて山を出る         0点
 9.高齢化初物きゅうり二等分         0点
10.結界の向かうに一つ落とし文        3点(特1)
11.梅雨寒や部屋に干されし辞書二冊      1点(特1)
12.淀川やジェット爆音と水馬         1点
13.草いきれ我の生きざまそれに似て      1点
14.風薫る内緒話にならぬ声          4点
15.梅雨ぐもり神社の池に蟾の声        0点
16.我帰るもがく蚯蚓の叫びかな        0点
17.無雑作に薙ぎ倒されて小判草        1点
18.ごきぶりや今朝は左に昼は右        1点(特1)
19.蜘蛛の囲につなぐ命と散る命        3点
20.梅雨晴れ間五臓六腑に陽を入れる      4点
21.街路樹の影くっきりと夏きざす       2点
22.暗き山誰の情けか虹に橋          0点
23.よひら咲く四阿ふえの音幽玄        0点
24.麦笛の松風に乗り吾れを呼ぶ        0点
25.また今日もそして明日もさみだるる     1点
26.平成の頂下りる夏帽子           4点(特1)
27.梅雨茸のまんまる白く森の朝        1点
28.梅雨晴間白砂青松の庭光る         0点
29.棟上げの掛矢の響き梅雨晴間        5点(特2)
30.すれちがう香り懐かし夏化粧        1点
31.あめんぼう浮きの曲がりを不思議がり    2点(特1)
32.夏来る子らが飛び込む川景色        1点
33.梅雨晴れや棚田百選雉が鳴く        0点

(4)望生の選句

   いさかいも愛のひと色蜘蛛の峰       2点
   意のままに生きし反省大夕焼け       3点(特1)
 1.ゆらゆらとネオンの沈む植田かな      4点
 4.衣更え想い出たたむ母の指         4点
 5.梅雨の夜お婆はネコに子守唄        2点
10.結界の向かうに一つ落とし文        3点(特:望生)
11.梅雨寒や部屋に干されし辞書二冊      1点(特:望生)
14.風薫る内緒話にならぬ声          4点
20.梅雨晴れ間五臓六腑に陽を入れる      4点
26.平成の頂下りる夏帽子           4点(特1)
29.棟上げの掛矢の響き梅雨晴間        5点(特:望生他1)
31.あめんぼう浮きの曲がりを不思議がり    2点(特:望生)

(5)特別参加者(美代子さん)の選句

   ほうたるほたる車椅子にも飛んでこい    2点
 4.衣更え想い出たたむ母の指         4点
10.結界の向かうに一つ落とし文        3点(特:望生)
14.風薫る内緒話にならぬ声          4点
17.無雑作に薙ぎ倒されて小判草        1点
21.街路樹の影くっきりと夏きざす       2点
29.棟上げの掛矢の響き梅雨晴間        5点(特:望生他1)

(6)その他

   次回は、7月15日(第三日曜日)です。多くの方の参加をお待ちして
  います。 俳句の鑑賞や添削等は時間のある時アップします。

 ◇.参 考
   ①選句方法:6句選、内1句を特選とする。
   ②参加者数:8名 欠席投句:5名
            13名×3句=39句

   以上                          (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[183] 俳句の鑑賞(1)

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 5月21日(月)21時11分0秒   通報   返信・引用   編集済

 皆さんこんばんは

 今夜は気になる句に絞り鑑賞します。

(1)三段切れの句

 俳句は17音の短い韻文(詩)ですから、一般的には三段切れを
嫌います。一か所繋ぐ工夫の欲しい所です。

 4.ホラの音や青葉大峰異邦人      1点
     ↓
   ホラ貝を吹いて頂きありがとうございました。言いたいこと
  がいっぱいあって詰め込み過ぎましたね。三段切れを解消しつ
  つ、何句かに分けて詠った方が良かったかもです。例句を参考
  にいろいろ推敲して下さい。
     ↓
  ※大峰にホラの音響く青葉風
  ※ホラの音に続く碧眼青葉道
  ※峠超え青葉の中をゆく碧眼
     ・
     ・

 1.女三人くちなしの色褪せぬ      2点
     ↓
  この句も三段に切れていますが、七・五・五、または七・七・三調
 子の句です。三段切れを解消する手もありますが、助詞を省略してこ
 のままでも意味的がつながっています。テクニックが感じられます。
 この句はこれでいいと思います。

(2)助詞を変えるとよくなる句

 9.誇らしく少子の里に鯉のぼり     3点(特1)
     ↓
  上五は工夫を必要としますが、少子の里に~では説明っぽいです。
 少子の里の鯉のぼり~としても一句です。それよりも、上五が気にな
 ります。誇らしく~と答えを言ってしまわないことです。何か物に託
 したいところです。例句を参考に推敲して下さい。
     ↓
   高々と少子の里の鯉のぼり

16.打ち水に鉢巻親父のれん掛け     3点
     ↓
  これでも一句ですが、打水の~と、しても一句です。他に、打水や~
 と切れを入れ、中八になりますが鉢巻親父の暖簾掛け~としても良か
 ったかもです。参考に・・・。
     ↓
  打水の鉢巻親父のれん掛け
  打水や鉢巻親父の暖簾掛け

22.囮鮎匣の廓に声を待つ        2点(特1) 匣(はこ)
     ↓
  この句は私が特選に頂いた句、文句なしの句ですが、中七の、匣の廓に~
 を、匣の廓の~とした方が説明ぽくなく良かったかもです。句意もさるこ
 とながら、テクニックの感じられる句、とても良いと思います。
     ↓
  囮鮎匣の廓の声を待つ


(3)措辞を工夫するとよくなる句

 3.母の日や花贈る娘は古稀となり    4点
     ↓
  高得点ですからこれで良いと思いますが、娘(こ)は~と読まなければ
 中七になりません。俳句では、やはり、娘(むすめ)は~と読みたいとこ
 ろです。花~はいらないように思います。カーネーション~としてしまえ
 ば母の日~も一度言えてしまいます。
     ↓
  カーネーション贈る娘は古稀となり


  他にも気になる句がありますが、今夜はこれまでとします。

 5.雲海の波打つ音に耳すまし      0点
 6.干からべど出づる蚯蚓の悲しさよ   2点
15.えんどうの炊き込みめしや母の味   1点
21.夏四つ葉棚田はるかにクローバー   0点
24.ときめきをまだ忘れ得ぬ帰り花    4点
25.蜷の道幼の描きたるあいうえお    2点     幼(おさ)の
26.上り坂舞うは揚羽の影絵かな     3点

  そして、清記もれのあった※の句も鑑賞したいです。

  続きはまた時間のある時に・・・・・。
                           (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[182] 梔子句会の結果(5月)について

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 5月21日(月)08時06分32秒   通報   返信・引用   編集済

 皆さんおはようございます。参加された皆様お疲れ様でした。5月の梔子句会
は、11名の参加と欠席投句1名の12名でした。それでは結果を速報します。

 なお、本句会で、ホラ貝を吹いて下さった方がありました。楽しいひと時あり
がとうございました。

【特記事項】

 旧かな・新かな、文語・口語など混在していますが、一句中に混在しなければ
本句会はOKとしています。

(1)特別参加者(美代子さん)の俳句

   過ちも悔ひも鎮めて水中花      3点(特2)
   朴散華寂聴流に生きむかな      2点
   団扇風いつしか恋の話など      2点

(2)望生の俳句

   五十歩と百歩の大差汗拭ふ      3点
   ぽぽぽぽとぽぽぽぽとゆく大夏野   1点
   梅の実を落とす算段寝付かれぬ    0点

(3)参加者の俳句

 1.女三人くちなしの色褪せぬ      2点
 2.桐の花みるくの里の一路なり     2点
 3.母の日や花贈る娘は古稀となり    4点
 4.ホラの音や青葉大峰異邦人      1点
 5.雲海の波打つ音に耳すまし      0点
 6.干からべど出づる蚯蚓の悲しさよ   2点
 7.蟻の道もうすぐ雨と我が家まで    2点
 8.栴檀の花風浴びて晴れ女       4点(特1)
 9.誇らしく少子の里に鯉のぼり     3点(特1)
10.夏草や玉ぞたゆたう小糠雨      1点
11.独り居のお隣さんへ柏餅       1点
12.角打ちにすはと盤上青嵐       4点(特1)
13.五月闇もつれしままの赤い糸     5点
14.てのひらの手書きの地図や風薫る   3点(特2)
15.えんどうの炊き込みめしや母の味   1点
16.打ち水に鉢巻親父のれん掛け     3点
17.春の野に君と寄り添い風まとい    1点
18.黒南風の右へなびくや松並木     2点
19.留守番の猫のひと鳴き釣忍      1点(特1)
20.雷鳴や人は小さな球の上       5点(特2)
21.夏四つ葉棚田はるかにクローバー   0点
22.囮鮎匣の廓に声を待つ        2点(特1) 匣(はこ)
23.回覧板古い日傘を選ぶ母       2点
24.ときめきをまだ忘れ得ぬ帰り花    4点
25.蜷の道幼の描きたるあいうえお    2点     幼(おさ)の
26.上り坂舞うは揚羽の影絵かな     3点
27.コケコッコー玉子の父の唄涼し    0点
28.乗っ取りの城新緑の罪なかりけり   2点(特1)
29.伽羅蕗に賞味のお礼長電話      0点
30.天空の空気うましや田植えする    ※

 ※この句は清記漏れしたようです。大変失礼いたしました。句評等は後
  ほど鑑賞のページで取り上げさせていただきます。

(4)望生の選句

   過ちも悔ひも鎮めて水中花      3点(特:望生1・他1)
   朴散華寂聴流に生きむかな      2点
   団扇風いつしか恋の話など      2点
 1.女三人くちなしの色褪せぬ      2点
 8.栴檀の花風浴びて晴れ女       4点(特1)
11.独り居のお隣さんへ柏餅       1点
14.てのひらの手書きの地図や風薫る   3点(特2)
22.囮鮎匣の廓に声を待つ        2点(特:望生) 匣(はこ)
28.乗っ取りの城新緑の罪なかりけり   2点(特1)

(5)特別参加者(美代子さん)の選句

   五十歩と百歩の大差汗拭ふ      3点
   ぽぽぽぽとぽぽぽぽとゆく大夏野   1点
 1.女三人くちなしの色褪せぬぬ     2点
 8.栴檀の花風浴びて晴れ女       4点(特:美代子)
17.春の野に君と寄り添い風まとい    1点
24.ときめきをまだ忘れ得ぬ帰り花    4点
25.蜷の道幼の描きたるあいうえお    2点     幼(おさ)の

(6)その他

   次回は、6月17日(第三日曜日)です。多くの方の参加をお待ちして
  います。 俳句の鑑賞や添削等は時間のある時アップします。

 ◇.参 考
   ①選句方法:6句選、内1句を特選とする。
   ②参加者数:12名
            12名×3句=36句

   以上                          (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[181] Re: 御礼申し上げます

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 5月19日(土)21時29分3秒   通報   返信・引用 > No.180[元記事へ]

 泥亀さん、皆さんこんばんは

 泥亀さん!了解しました。またお暇なときに参加よろしくです。

 

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[180] 御礼申し上げます

投稿者: 泥亀 投稿日:2018年 5月19日(土)06時20分44秒   通報   返信・引用

望生さん、有難う御座います。

この所、地域でのお世話が忙しく、俳句まで手が届きません。

今回は休ませてください。

今後とも宜しくお願いします。

                    泥亀 拝



[179] 梔子句会(5月)の開催について

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 5月18日(金)19時24分18秒   通報   返信・引用

 皆さんこんばんは

 泥亀さん、季語を訪ねて~の句を頂き原稿を期日までに投函しました。
コメントが遅くなって申し訳ありません。

 ところで、5月の梔子句会(5/20)は予定通り開催します。場所
等はいつもと同じです。沢山の方の参加をお待ちしています。

                            (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[178] 季語をたずねて投句します

投稿者: 泥亀 投稿日:2018年 4月29日(日)17時18分49秒   通報   返信・引用

仙人掌の花の系譜やセメダイン
空駆ける仙人掌の花置き去りに

宜しくお願いします。
          泥亀 拝。



[177] タイヤで五七五俳句コンテストに参加しよう!

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 4月28日(土)22時17分23秒   通報   返信・引用

 皆さんこんばんは、俳句鑑賞も(3)でストップしたままで申し訳ありません。
なかなか時間が取れず申し訳ありません。

 浩さん!習い句ありがとうございます。


 庭垣のこぼしまたつぐ白躑躅          浩
    ↓
 この時期、躑躅が綺麗ですね。情景が浮かんできます。良いですよ。近くの法雲
寺の躑躅がピークを迎えています。白や真っ赤な躑躅の枝をゲットして来ました。
挿し木をしてみようと・・・。花が咲いている時期なのでちょっと遅いかもしれま
せんが・・・。何とか成功させてみようとネットなどでその方法を勉強して楽しん
でいます。


 ところで、梔子句会の皆さん!【タイヤで五七五俳句コンテスト】に参加してみ
ませんか?詳しくは以下のページをご覧ください。何句でもOKです。もちろん無
料です。

 タイヤで五七五俳句コンテスト⇒https://tire.bridgestone.co.jp/tire-hosomichi/campaign/


 私も投稿します。もう二句準備しました。後5句くらい詠えば投稿しようと思っ
ています。皆さんも奮って参加して下さい。

                                (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[176] 習い句作

投稿者: 浩ハルです 投稿日:2018年 4月19日(木)11時49分56秒   通報   返信・引用

先日の句会での
つつじの壁~もぐらたたきの   句作の
もぐらたたきの   句意は   個人的には  とても面白い  切り取りと   思い   習い句として  提出致します。


庭垣のこぼしまたつぐ白躑躅          浩

少々   生意気な  書き込み お許しください。



[175] 俳句鑑賞(3)

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 4月18日(水)22時13分48秒   通報   返信・引用   編集済

 今夜もちょっと気になる句(続き-2)を鑑賞します。

(7)高得点句ではあるがちょっと注文のある句

20.岩清水うけて祠のぬれ仏          5点(特1)
      ↓
   この句は、私も選をした句です。また泥亀さんは特選に選ば
  れました。なんら問題もない句ですが、少し手を入れるともっ
  とよくなと思った句です。気になる点は・・・。
      ↓
  ①岩清水は三夏の季語、地下や岩間から天然に湧き流れ出して
   いる清冽な水との取合せは特段問題ありませんが、ややつき
   すぎな句と思います。私が頂いたのは、清く澄んでいていか
   にも涼しげな光景が浮かんだからです。一句一章にしてその
   涼しさを畳み込む手もあったかと・・・。
      ↓
   真清水をうけて祠のぬれ仏

  ②下12の、「うけて祠のぬれ仏」は上手く詠っています。こ
   の措辞を残し、景を広げる工夫が欲しかったと・・・。「岩
   清水」と言う季語から離れて・・・。例えば・・・。
      ↓
   行く春をうけて祠のぬれ仏
   春光をうけて祠のぬれ仏
      ↓
   実景とは違っても季語を工夫すればよくなるようにも・・・。

  ③「祠のぬれ仏」ですから問題ありませんが、祠と濡れ仏のど
   ちらか一つにする手もあった様にも・・・。つきすぎを解消
   するとして・・・例えば・・・。
      ↓
   玉砂利を踏みて薄暑の濡れ仏
      ↓
   こうなれば、原句から離れすぎてまずいですが、思い切って
   別な句に挑戦しても良いのではないかと・・・。(参考に)
   いろいろ推敲して下さい。

   いろいろ書きましたが、皆さんご意見があればどしどし投稿
  してください。泥亀さんのご意見もお聞きしたいような・・・。

   今夜も時間が無くなりました。時間のある時に続きを鑑賞し
  たいと思います。
                         (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[174] 俳句鑑賞(2)

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 4月17日(火)21時11分37秒   通報   返信・引用   編集済

  今夜もちょっと気になる句の(続き)を鑑賞します。

(3)助詞など少し変えるともっとよくなる句

10.祖母逝きし春落葉の散る如くに       1点(特1)
      ↓
   5・6・6の調子の句ですね。17音ですが、調べが少し悪い
  様です。もう一点、上五は、「祖母逝きし」とつながず「祖母逝
  きぬ」と切ってしまった方が良いように思います。
      ↓
   祖母逝きぬ春の落葉の散る如く

22.欠伸するゴリラの背ナに雀の子       3点(特2)
      ↓
   この句はできていますが、「背ナ~」の「ナ」は、いらないで
  す。よく見る使い方ではあるようですが、なくても「せな~」と
  七音で読みます。「そびら」とも読みますが、その場合は、8音
  になるのでそうは読みません。安心して「ナ」は省略された方が
  しっかりとした俳句になります。


(4)五・七・五調子の方がよくなると思う句

28.春なのにオムレツなのに不機嫌なひと    3点
     ↓
   これはこれでよくできています。そう違和感は有りません。泥
  亀さんも選されていますから、特段問題はないと思います。私は
  下五のところが七音だったのであえて選しませんでした。と言う
  より、人~がなくても、不機嫌な~で、人~は見えてきます。敢
  えて七音にする効果はそう見当たりません。人がなければたぶん
  選した佳い句です。
     ↓
   春なのにオムレツなのに不機嫌な


(5)書き言葉と俳句言葉の使い方に注意した方が良い句

14.風そよぐ木漏れ日の中竹落ち葉       3点
     ↓
   書き言葉では、「竹落ち葉」と書くの正しいのですが、季語は
  「竹落葉」です。「竹の秋」は晩春の季語ですが、「竹落葉」は
  初夏の季語となっています。ややつきすぎな面もありますが爽や
  かな初夏を感じさせる句として頂いた一句です。俳句は推敲も楽
  しい物です。言葉遣いに間違いがないか、季語の持つ意味をちゃ
  んと確認したか、他に良い言葉がないか、調べはどうか、漢字に
  間違いはないか、文語調なのか口語調か、新かな遣いか、旧かな
  遣いか、混在した句になっていないか、助詞を変えてみるとどう
  なるか、などなど詠った後で見直すことです。勿論、俳句は韻文
  ですから散文調になっていないかなども大切なことです。


(6)上五と下五を入れ替えても成り立つような句に注意したい俳句

 1.青空下青信号の聖五月           0点
     ↓
   この句は、上五と下五を入れ替えても成り立ちます。このよう
  な句仕立ては、一般的には推敲が必要です。もう一点、聖五月で
  すから、青空下~はつきすぎです。例句を参考に推敲して下さい。
     ↓
   聖五月青信号を突っ走り


  今夜は、ここまでとします。また時間のある時に・・。(望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[173] 俳句鑑賞(1)

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 4月16日(月)22時04分35秒   通報   返信・引用   編集済

 皆さんこんばんは

 今夜はちょっと気になる句を鑑賞します。

(1)季重なりの句

 4.つつじの壁もぐらたたきの開花かな     1点
     ↓
  「つつじ」「もぐら」「開花」は単独では季語です。中七の「もぐら
 たたき」は季語扱いしませんからそれは良いとして、この句はごちゃご
 ちゃしているので推敲が必要です。「つつじ」とくれば、見事に咲いて
 いるイメージが先に浮かびます。と言うより、咲き誇っている躑躅を詠
 うのが普通です。ポツポツと咲いているシーンを「もぐらたたき」のよ
 うだと詠ったのでしょうが読者に伝わりません。もう一点「つつじ壁」
 は、壁の様に立ちはだかる躑躅のことを詠ったのでしょうがこれも読者
 に伝わりません。「大つつじ」位の方がまだぴたりときます。俳句は咲
 き誇っている綺麗なシーンを詠いたいものです。是非推敲していただき
 たいと思います。

13.つくしんぼ48の踊り歌          1点 48(フォーティーエイト)
     ↓
  「つくしんぼ」「踊り」は単独では季語です。「48の踊り歌」です
 から季語だぶりではありませんが・・・。48(フォーティーエイト)
 とはこれまたびっくりしました。ルビがなければ何のこっちゃと言いた
 いです。それなら「つくしんぼフォーティーエイトの踊り歌」とすれば
 ぎりぎりセーフでしょうが・・・。

18.山焼や橙疾る炎海             0点
     ↓
  「山焼」「橙」は単独では季語です。「橙色」のことを詠ったのでし
 ょうから季語だぶりとは言いませんが・・・。普通は「橙色」と詠うと
 ころです。でも、「山焼」ですから「橙色」はなくても容易に想像でき
 ます。それより下五の「炎海」は何と読むのでしょう?分かったような
 分からないような・・・。

33.夏めくや片仮名多き花の店         1点
     ↓
  「夏めく」「花」は単独では季語です。この句は「花の店」ですから
 なんの問題もありません。俳句はできています。頂いた一句です。

36.新緑やカツオのタタキネギが利く      0点
     ↓
  「新緑」「カツオ」「ネギ」は単独では季語です。この句の場合は、
 季語が喧嘩してバラバラです。詩心が感じられません。それぞれの季語
 で三句詠って欲しいです。

(2)助詞の一文字を変えた方が良い句

 6.わたつみのタンカーひとつ沖おぼろ     1点
     ↓
  この句の場合は、わたつみの~とするより、わたつみに~とした方が
 判り易いです。・・・に~と言う助詞は、説明するときの助詞ですから
 避けられたのでしょうが、この句の場合は、「わたつみにタンカーひと
 つ~」とした方が、広い景が鮮明となり、沖おぼろ~が活きてくると思
 います。

32.しゃぼん玉ひとつひとつに珠の色      1点
     ↓
  この句の中七は、6.の句とは逆に、「ひとつひとつの珠の色~」と
 した方が説明臭く無く良いと思います。


  まだまだ書きたいのですが時間が無くなりました。また時間のある時
 に続きを書きます。

                             (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[172] 梔子句会の結果(4月)について

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 4月15日(日)20時27分3秒   通報   返信・引用   編集済

 皆さんこんばんは、参加された皆様お疲れ様でした。4月の梔子句会は、9名の
参加と欠席投句6名の15名でした。他に、5月から新しく参加される方(1名)
が見学に参加されました。それでは結果を速報します。なお、前回までのように色
をつけたいのですが残念ながらシステムが変わったようで簡単に色等が付けられま
せん。見辛いでしょうがご勘弁のほどを・・・・。

(1)特別参加者の俳句

   ふらここのリズムの変り笑い声       1点   泥亀
   しゃぼん玉地につくまでの自在かな     1点   々
   風船の軽さ明るさ港町           0点   々

(2)望生の俳句

   指先に集む鼻うた茶摘笠          3点   望生
   骸曳く蟻を見てゐる木陰かな        2点   々
   通り直ぐ子らを見送る葱坊主        2点   々

(3)参加者の俳句

 1.青空下青信号の聖五月           0点
 2.もの言わぬ母に会えたり花は葉に      3点(特1)
 3.花よ咲け歌い舞いゆけ吾が命        2点
 4.つつじの壁もぐらたたきの開花かな     1点
 5.風渡り桜ハラハラ瀧の原          0点
 6.わたつみのタンカーひとつ沖おぼろ     1点
 7.しやぼん玉風をふるはせ風の中       2点
 8.迷い道愛でる人なし山櫻          3点
 9.書き終えし文一通や夕薄暑         2点
10.祖母逝きし春落葉の散る如くに       1点(特1)
11.花衣脱ぎ散らかして一人かな        4点
12.すたすたと八十路迎える立夏かな      3点
13.つくしんぼ48の踊り歌          1点 48(フォーティーエイト)
14.風そよぐ木漏れ日の中竹落ち葉       3点
15.桜貝片道の文に封をする          0点
16.母よりもきれいに育ち初桜         0点
17.春探しどこもかしこも人の波        2点
18.山焼や橙疾る炎海             0点
19.山葵田の水音に竦む兇状持ち        3点(特3) 水音(みおと)
20.岩清水うけて祠のぬれ仏          5点(特1)
21.金色の円舞おりなす落花かな        3点
22.欠伸するゴリラの背ナに雀の子       3点(特2)
23.昼さがり園の乙女等みんな蝶        1点
24.いそいそと猫の横切る花の昼        2点
25.空耳か廃線鉄路に花吹雪          4点(特1)
26.春惜む旅行カバンの根付けかな       0点
27.手を振つて列に加はる一年生        4点(特1)
28.春なのにオムレツなのに不機嫌なひと    3点
29.春旅やロボットアーム使いわけ       0点
30.流し舟祖父の艪を継ぎ花めぐり       2点
31.樟わかば樹齢百年のまぶしさよ       1点
32.しゃぼん玉ひとつひとつに珠の色      1点
33.夏めくや片仮名多き花の店         1点
34.入学式母の手離れ友の手に         6点(特2)
35.けだるしや恋商人の聖五月         0点
36.新緑やカツオのタタキネギが利く      0点
37.やや濃いめ娘の化粧花衣          0点
38.嵐ゆく寒の戻りや神経痛          0点
39.颯爽と鉄腕アトムか燕来る         1点

(4)望生の選句

 2.もの言わぬ母に会えたり花は葉に      3点(特1)
 9.書き終えし文一通や夕薄暑         2点
11.花衣脱ぎ散らかして一人かな        4点
14.風そよぐ木漏れ日の中竹落ち葉       3点
19.山葵田の水音に竦む兇状持ち        3点(特:望生・他2) 水音(みおと)
20.岩清水うけて祠のぬれ仏          5点(特1)
21.金色の円舞おりなす落花かな        3点
22.欠伸するゴリラの背ナに雀の子       3点(特:望生・他1)
23.昼さがり園の乙女等みんな蝶        1点
27.手を振つて列に加はる一年生        4点(特1)
30.流し舟祖母の艪を継ぎ花めぐり       2点
33.夏めくや片仮名多き花の店         1点
34.入学式母の手離れ友の手に         6点(特:望生・他1)

(5)特別参加者(泥亀さん)の選句

   骸曳く蟻を見てゐる木陰かな        2点 望生
 6.わたつみのタンカーひとつ沖おぼろ     1点
14.風そよぐ木漏れ日の中竹落ち葉       3点
20.岩清水うけて祠のぬれ仏          5点(特:泥亀)
25.空耳か廃線鉄路に花吹雪          4点(特1)
27.手を振つて列に加はる一年生        4点(特1)
28.春なのにオムレツなのに不機嫌なひと    3点
31.樟わかば樹齢百年のまぶしさよ       1点
32.しゃぼん玉ひとつひとつに珠の色      1点
34.入学式母の手離れ友の手に         6点(特:望生・他1)

(6)その他

   次回は、5月20日(第三日曜日)です。多くの方の参加をお待ちして
  います。 俳句の鑑賞や添削等は時間のある時アップします。

 ◇.参 考
   ①選句方法:7句選、内1句を特選とする。
   ②参加者数:15名
            15名×3句=45句

(追伸)

   あまずみさん、泥亀さん、お忙しいでしょうが、良かったら俳句鑑賞な
  どよろしくお願いします。

   以上                          (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301



[171] 梔子句会(4月)の開催について

投稿者: 椋本望生 投稿日:2018年 4月12日(木)22時45分39秒   通報   返信・引用

 皆さんこんばんは


 4/15(日)は、定例の梔子句会を開催します。時間・場所等は、

すでにご案内の通りです。多くの方の参加をお待ちしております。

                           (望生)

https://blogs.yahoo.co.jp/mitsukiarea1969/folder/338885.html#40623301


レンタル掲示板
194件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.